ダイエットサプリとプロテインの違いを解説

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに関するよくある疑問・質問 » ダイエットサプリとプロテインの違いを解説

ダイエットサプリとプロテインの違いを解説

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

サプリは健康食品の一種、プロテインはタンパク質

A型

ダイエットサプリとプロテインの明確な違いは、それぞれ指示している対象物にあります。
ダイエットサプリを含めたサプリメントは健康食品の一種に分類されています。
一方、プロテインはタンパク質のことを指します。
英語では「protein」と表記され、近年ではタンパク質を中心とした栄養素を含む食品の総称として使われることがあります。
ここでは、2つの違いをより具体的に解説していきましょう。

ダイエットサプリとプロテインの違いとは?

diff_protein_001

サプリメントは、主に特定の成分が錠剤やカプセルの中に凝縮されているもののことをいいますが、飲料や食材までが含められることもあります。
サプリメントのなかでも、ダイエットサプリは、体重の減少や痩身等の効果向上のために用いられるのが一般的です。
一方、プロテインは粉状になっているものが多く、筋力トレーニングなどにより筋肉を増加させ、筋力を上げるのを目的に用いられるのが一般的です。
このように、ダイエットサプリとプロテインでは、基本的な使用の目的に違いがみられます。

ダイエットサプリとプロテインは含まれる成分が違う

ダイエットサプリとプロテインが使い分けられている理由は、それぞれの成分の違いです。 ダイエットサプリに含まれている成分はさまざまで、「脂肪燃焼」「カロリーカット」「腸内環境調整」など系統によっても異なります。
例えば、カプサイシンには脂肪燃焼効果、ギムネマ・シルベスタには血糖値を抑える効果、ビフィズス菌には便通を良くする効果があります。[注1]  

多くの製品が開発されているため選択肢が広く、飲用目的によって適した成分やそうでない成分が含まれています。
成分によっては、医薬品の効果を発揮できないものもあるため注意が必要です。 プロテインは稀に「サプリメント」と呼ばれますが、その場合も主成分はタンパク質がほとんどです。[注2][注3]

プロテインには体づくりに効果的な3つの成分が含まれる

プロテインといっても、その種類は大きく分けて3つあります。 1つ目は、動物性(牛乳)が原料の「ホエイプロテイン」。筋肉を合成するのに必要な必須アミノ酸「BCAA」が多く含まれています。
吸収スピードが速いことから、プロテインの中でも主流になりつつあります。 2つ目は、大豆が原料となった「ソイプロテイン」。大豆たんぱく質には中性脂肪を下げ肥満を防止する効果があります。[注4]
3つ目は「カゼインプロテイン」。ホエイプロテインと同じ動物性(牛乳)ですが、吸収スピードが遅い傾向にあります。

ダイエットサプリとプロテインは使い分けが必要

ダイエットサプリとプロテインは、含まれる成分や使用目的などが異なっています。そのため、ダイエットを考えている方は、双方の使い分けが必要になるでしょう。

ダイエットサプリに向いている人

・運動による脂肪燃焼効果を上げたい、食欲を抑えたい、あるいは便通を良くしたい人

・食事からタンパク質が十分に摂れている人

・子どもや高齢者、妊婦を除く健康的な成人

プロテインが向いている人

  • ・筋肉を付けたい、体格を良くしたい人
  • ・日中にハードなスポーツを行う人
  • ・食事からタンパク質が十分に摂れていない人

まとめ

ダイエットサプリは、その名称通りダイエットをサポートする効果が期待できます。
しかし、ダイエット目的で利用するのであれば、ダイエットサプリを使用するのがベターではないでしょうか。
スポーツや日中の活動力が多く、筋肉を付けながら痩せたいと考えているのであれば、プロテインを選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。