お腹のダイエット法

お腹のダイエット法

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

お腹のダイエット方法

他の部位はそれほど太っているわけではないのに、お腹にどんどん脂肪がついてきて…と悩んでいる場合、その理由は何なのか気になりますよね。
年代によっても変わってくるお腹が太る原因や、対策、ダイエットする時の注意点などについてまとめました。ただ食事を極端に減らしたからといって効果的に痩せることはできないので、特に集中してウエスト細くしたいと思っている方はぜひとも参考にしてみてください。

お腹が
太る原因

お腹が張る原因はいくつかげられます。自分の該当しそうなものをチェックしてみてください。

食べ過ぎ・飲みすぎ

食べ過ぎている、飲みすぎていると実感している方は、こちらが該当します。
ストレスなどから強引暴食してしまいがちな方は特に注意しておきたいですね。

一日に消費できるカロリーは人それぞれではありますが、運動量が少ないのに暴飲暴食している場合には余ったカロリーを消費することができず、脂肪として蓄積してしまいます。甘いジュースや炭水化物を摂りすぎている方も注意しておきましょう。

筋力の低下

運動不足の状態が続き、筋肉が低下した場合にはぽっこりお腹ができあがってしまいます。特に内側にあるインナーマッスルと呼ばれる筋肉量が低下すると胃や腸が正しい位置よりも下がってしまい、お腹が張り出してしまうのです。

更にこのような状態になると消化吸収をするのが困難になり、脂肪蓄積を招いてしまいます。

姿勢が悪い

筋肉低下による内臓下垂について解説しましたが、悪い姿勢も内臓下垂の大きな原因です。普段から猫背気味になっている方は背中を伸ばす姿勢を維持できるように心がけましょう。

年代別の原因

  • 10代

    食べ過ぎが原因であることが多いです。10代は他の年代に比べると基礎代謝が高く、一日の総消費エネルギー量が多い年代ともいえます。そのような年代でもお腹がぽっこり出てしまったのであれば、消費しきれないくらいのエネルギーを摂取している可能性が高いのです。

  • 20代

    こちらの場合も食べ過ぎが原因である可能性が高いです。また、就職してから仕事が忙しくなり、その反動で食事の時間が遅くなったり、栄養バランスの整った食事が取れていない方もいますが、これも太る原因になります。

  • 30代

    運動不足に加えて筋力不足になっている方が多いです。20代に比べると更に基礎代謝が低くなって太りやすい状態になっているので、少し油断しただけでも簡単に脂肪がついてしまいます。

  • 40代

    基礎代謝がかなり下がってくるので、食べすぎには十分注意しなければなりません。暴飲暴食が続いた場合も短期間で急激に体重が増え、お腹が出てきてしまいます。

お腹の
ダイエット方法

では、具体的にどのように対策を取っていけば良いのかについてご紹介します。自分のお腹太りの原因を突き止め、特に効果がありそうな対策を取り入れてみてはどうでしょうか。

食事量に注意する

普段から食べ過ぎている方は、その量を減らすことが大切です。特に炭水化物には糖質が大量に含まれていて食べ過ぎると脂肪に繋がりやすくなってしまいます。

まずは食前に野菜などを食べ、ある程度お腹を満たしてから少量だけ炭水化物を摂るように心がけましょう。

また、ストレスを溜め込まないことも大切です。ストレスが多いと食欲を増大させる働きがあるドーパミンと呼ばれるホルモンが過剰分泌されてしまい、自分でも無意識のうちに食べ過ぎてしまうことがあります。

食事の中では筋肉を作るのに欠かせない役割を持った高タンパクの食事をとることが重要です。
カロリーが高い揚げ物を控えることも大切なので心がけてみましょう。

運動

ぽっこりお腹に悩んでいるのであれば、内臓脂肪が蓄積している可能性を疑いましょう。内臓脂肪は有酸素運動を継続することにより徐々に落としていくことができます。

有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、エアロバイク、水泳などのこと。長時間行った方が効果的とされているので、ムリのない範囲で30~60分ほどを目安に継続してみましょう。

筋トレ

筋肉量が不足していると感じる場合、筋トレも実践しましょう。お腹を引き締めるのに特に効果的なのはドローインと呼ばれる方法です。身体の深い部分であるインナーマッスルを鍛えることができます。やり方はとても簡単なので試してみてくださいね。いつでも実践できる方法として、立った状態で行うやり方を解説しましょう。

  • 足を肩幅に開いて立ち、背中をピンと伸ばす
  • 胸を張ったままゆっくりと息を吐き、同時に下腹部からお腹を凹ませる。
  • お腹を凹ませた状態で浅く呼吸をし、10~30秒キープする

最初のうちはお腹に手を当てて行うときちんと凹んでいるかどうかがわかりやすいです。電車を待っている最中や家事をしている時、ウォーキング中に行うのも効果的なので実践してみましょう。

年代別の対策

基本的な対策についてご紹介しましたが、年齢ごとに原因は異なるため、それに合わせた対策を取るのもおすすめです。

  • 10代

    ムリな食事制限をすると成長に悪影響をもたらしてしまう可能性があるので、減らすのはジャンクフード類にしておきましょう。あとは運動を取り入れ、エネルギーを消費しやすい生活を目指していくのが効果的です。

    10代のダイエット
    についてはこちら
  • 20代

    まずは食事内容を見直してみましょう。ムリに体を動かすのではなく、毎日続けやすい有酸素運動にも取り組んでみてはどうでしょうか。 20代のダイエット
    についてはこちら

  • 30代

    積極的に体を動かしていく機会を作りましょう。有酸素運動が効果的なので実践してみるのがおすすめです。

    30代のダイエット
    についてはこちら
  • 40代

    溜め込んだ脂肪を落とすために、有酸素運動を取り入れていきましょう。筋肉量が減ると基礎代謝も減って太りやすくなるため、ムリのない範囲で筋トレを実践することをおすすめします。

  • 40代のダイエット
    についてはこちら

お腹の
ダイエット時に気を付けること

お腹が出ていると目立ってしまいますが、ムリな食事制限をしたからといってすぐに凹むわけではありません。運動だけ、食事制限だけという形では成果が出るまでに時間がかかってしまうため、できれば両方を組み合わせて行うようにしましょう。

ハードな運動をしたり断食などの食事制限はダイエットの挫折に繋がるので避けておいたほうが無難です。

サプリメントを
役立てよう

おすすめしたいのがぽっこりお腹改善のためのダイエットをサポートしてくれる脂肪燃焼系サプリメントを取り入れるということ。

脂肪の燃焼を助ける働きをする成分が配合されているので、効率よくダイエットを進めていけます。運動の時間がなかった取れない方もぜひ活用してみてくださいね。

ダイエットサプリおすすめランキング