洋ナシ型体型が成功するダイエットはコレだ!

洋ナシ型体型が成功するダイエットはコレだ!

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

洋ナシ型のダイエット方法

洋ナシのように上半分は痩せているのに、お尻や太ももなどの下半身が太っているこのタイプは、男性より圧倒的に女性に多く見られます。主食よりオカズが好きで、脂っこい料理、ケーキ、スナック菓子などをよく食べる人に多いのが特徴。脂質の代謝力が弱いため、摂取した脂質を皮下脂肪として体内にためこんでいく傾向があります。ダイエット法としては、できるだけ脂質の少ない食事を心がけ、サラダなどの野菜を先に食べるなど、食べる順番に気をつけて脂質の吸収を抑えましょう。スクワットなど大きな筋肉を動かすエクササイズを取り入れて、代謝をアップさせることも重要です。

無理はダメ!
ダイエットの注意点

pear下腹部や腰まわり、太もも、お尻などに皮下脂肪がたまりやすい、いわゆるどっしりとした「下半身デブ」と呼ばれる洋梨型。基礎代謝量がやや低めのため太りやすく、摂取カロリーを皮下脂肪としてためやすいタイプです。

性格的には几帳面で粘り強い人が多いため、長期的なダイエットには向いていますが、ストレスをためやすく、やけ食いやドカ食い、ジャンクフードに走るなど、我慢の反動で過食に走る傾向が強いのも洋ナシ型の特徴といえます。

このタイプのダイエットに、焦りは禁物。ムリな食事制限や激しい運動はかえってリバウンドの原因になりますので、ムリなく続けられるダイエット法をチョイスすることが大切となります。

軽いジョギングや規則正しい食事から始めてみてはいかがでしょうか。

皮下脂肪を減らせ!
洋ナシ型のおすすめダイエット

ダイエットの基本は適度な食事制限と運動です。 そのことを踏まえたうえでおすすめの食事と運動についてご紹介しましょう。

洋ナシ型におすすめの食事

洋ナシ型になる原因はいろいろあるものの、むくみも原因の一つです。塩分の多いものばかりを食べてしまうとむくみが発生するので注意しましょう。カリウムには塩分を排出する働きがあるので、カリウムを豊富に含む海藻類やバナナなどを取り入れるのもおすすめ。
それから、下半身太りの中でもセルライトに悩んでいる場合、冷えが原因の一つで太っている可能性があります。身体を温める食材を取り入れてみましょう。
カリウムを含んでいるだけでなく豊富な栄養素も持っている玄米がおすすめ。通常の白米に比べて血糖値の上昇も緩やかになります。かぼちゃにも体を温める働きがあるほか、カリウムも含まれているので取り入れてみましょう。

脂質をカットしよう

食事で特に気を付けておきたいのが脂質です。普段の食生活の中では脂質が増えすぎないように献立を考えてみましょう。 食前に食物繊維を摂るように心がけると吸収も緩やかになるため、どうしても脂っこいものが食べたいと思ったときには野菜類も積極的に取り入れることが重要になってきます。

それから、サプリメントを取り入れるのもおすすめ。洋ナシ型はできる限り食事で皮下脂肪の原因となる脂質をカットすることが重要になってくるのですが、たまには脂っこいものが食べたくなることもあるはず…。そういった時もサプリメントが役立ちます。

食事の注意点

食事をする際に注意しておかなければならないのが、食べ過ぎに注意するということ。皮下脂肪がつく大きな原因は食べ過ぎや飲みすぎにあります。
食事から取り入れた栄養素はエネルギーとして活用されますが、使用しきれないほどのエネルギーが入ってきた場合、それが脂肪として体内に蓄積してしまうのです。中でも脂身の多いお肉や糖分をたくさん取っている場合、エネルギーが余って脂肪に繋がりがちなので気をつけておかなければなりません。
皮下脂肪を減らす場合も、基本的な対策は内臓脂肪を減らす場合の対策と同じです。摂取カロリーや摂取する糖質の量を減らして消費するカロリーを増やしましょう。
運動をしっかりする時間が取れるのであれば多少食べ過ぎても大丈夫…と思う方もいるかもしれませんが、食べ過ぎた場合、それを運動で消費するのは非常に大変なことです。
特に、現在すでに洋ナシ型の体型である場合、食事から摂取したエネルギーを消費しきれていない証でもあるので、「食べ過ぎても運動すればいいや」とは考えないようにしましょう。

洋ナシ型におすすめの運動

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると落とすのに時間がかかるため、長い目で考えたダイエットに取り組んでいかなければなりません。短期間で体型を改善しようと最もなかなか難しいことなので、ほんの数日で大きな効果を得ようと思うのではなく、小さな変化を重ねていけると良いですね。
筋肉の衰えが原因で洋ナシ形になってしまうことがあります。そのため、普段デスクワークをしていてあまり運動しない方や、座っている時間が長い方は積極的に筋肉を鍛えましょう。
内臓脂肪が原因で太ってしまった場合には有酸素運動で効率よく脂肪を落としていくことができますが、洋ナシ型の場合は落ちにくい皮下脂肪が原因なので、代謝をアップさせて一日に消費できるエネルギー量を増やしていくこともポイントになってきます。
大きな下半身の筋肉を鍛えるのがおすすめです。スクワットも効果的なのでぜひとも実践してみてくださいね。ただ、筋トレだけで惹か脂肪を落とすことはできません。重要なのはニュー酸素運動と組み合わせて運動するということ。
そのため、積極的に有酸素運動も行いましょう。有酸素運動は20分以上継続しなければ意味がないと言われていましたが、そんなことはありません。確かに長時間運動すればその分エネルギーを消費しますが、まとまった時間が取れなくてもトータルで20分以上でも効果は得られるとされています。
普段運動していない方が突然ムリな運動したりすると体を壊すことにもなりかねないので、ムリのない範囲で自分に合った運動を取り入れていきましょう。

洋ナシ型は避けよう
注意したいダイエット方法

せっかくダイエットをしているのに痩せないという場合、ダイエットの仕方が間違っていることがあります。洋ナシ型という体型の特徴を把握し、それに合わせた方法を選びましょう。洋ナシ型は避けたほうが良いダイエットについて紹介します。

【糖質制限】

ダイエットというと糖質制限を思い浮かべる方もいるでしょう。しかし洋ナシ型が糖質制限をすると、かえって太ってしまう可能性があります。これは、洋ナシ型が脂質の代謝が苦手なため。糖質制限では糖質の代わりに脂質を多く摂るので、脂肪として蓄えやすくなります。

このため糖質を制限するのであれば、ゆるい糖質制限を意識しましょう。一日に必要な糖質量は人によって異なるため、まずは普段の食生活を振り返るところから始めます。また、糖質制限のうえでは問題ない食材のバターやチーズは脂質が豊富です。洋ナシ型の方は摂り過ぎないようにしてください。

洋ナシ型におすすめ!
効果が出やすいサプリ

pear_sapuri皮下脂肪撃退がテーマの洋ナシ型は、脂質の吸収をカットしてくれるダイエットサプリを組み合わせるといいでしょう。脂質カット系サプリは、糖質カット系と並んで最近の人気ダイエットサプリとなっていて、バラエティ豊かな商品が揃っています。

食事で摂った脂質が体内に吸収される前に体外に排出してくれたり、脂質の吸収を阻止してくれるなど、さまざまな脂質カット成分が配合されています。ただし、脂質カットサプリは食事の直前直後など、飲む時間に制限がある商品がありますので、自分のライフスタイルや欲しい効果に合わせてサプリを選ぶとよさそうです。

外出先や職場で飲む機会が多い人は、個包装やパウチスタイルの商品を選ぶとダイエットが続けやすくなりそう。おすすめの脂質カット系ダイエットサプリは、カロリストンやカロリミット、シースルーライト、スルスルこうそ、賢者の食卓など。糖質と脂質の両方をブロックしてくれるダイエットサプリもありますので、チェックしてみましょう。

ダイエットサプリの効果を高める!
洋ナシ型におすすめの生活習慣

洋ナシ型に効果が出るといわれているサプリメントを服用しても、生活習慣に問題があればサプリの効果は出なくなってしまいます。そのようなことがないよう、できる限り生活習慣にも配慮しましょう。洋ナシ型の方が気を配るべき生活習慣を紹介します。

【タンパク質は意識的に摂る】

洋ナシ型のダイエットでは基礎代謝をアップさせることが大切です。そのためにも食事制限だけではなく、筋力トレーニングをして筋肉をつけるようにしましょう。皮下脂肪の多い洋ナシ型は、筋肉をつけることで代謝がアップし、太りにくく痩せやすい体になります。そのためには、タンパク質を摂るよう意識してみてください。タンパク質が不足すると筋肉はうまくつけきません。お肉や大豆などはタンパク質が多く含まれているため、積極的に摂ると良いでしょう。

トレーニングのやりすぎは禁物ですが、適度に筋肉をつけメリハリのあるボディラインを目指すのと同時に、基礎代謝を高めて痩せやすい体質を手に入れましょう。

【むくみを改善する】

下半身の筋肉量が少ないと血行が悪くなり、むくみやすくなります。むくみは洋ナシ型の原因のひとつ。そのため、むくみを解消することで痩せやすくなることもあります。

解消法としておすすめなのが半身浴です。半身浴は血行を良くし代謝を上げてくれるため、老廃物や余分な水分の排出につながります。リンパの流れも良くなるため、むくみも改善するでしょう。

また塩分の摂りすぎにも注意が必要です。体内の塩分が多くなると、体は濃度を一定に保とうとするため水分を多く溜め込んでしまいます。これがむくみにつながるので、普段から食事内容や味付けには注意してみてください。

ダイエットサプリおすすめランキング