50代の失敗しないダイエット講座

50代が痩せるには?おすすめダイエット方法はこちらです

50代のダイエット方法

50代は基礎代謝の低下に加え、女性は更年期を迎えたことで脂肪の分解能力が低下するなどして、急激に肥満が進行する年代です。 ただし、骨がもろくなってくるため激しい運動などは厳禁。テレビや雑誌などで紹介される特別なダイエット方法よりも、適度な運動を生活の一部として続けることを目標にしましょう。痩せることよりも健康維持・生活習慣病の予防のほうが、結果的には脂肪の少ないカラダにつながります。

50代が太る原因!
体力・ホルモン量の急降下

50代はさらに代謝力がダウンし、1日に消費される基礎代謝量はピークの10代と比べて200Kcal以上減少します。 そのため、特別たくさん食べているわけでもないのに体重が増えやすくなり、お腹周りや腰周り、顔の輪郭などに脂肪がつき、いわゆる中年太りと呼ばれる太り方の人が増えてきます。

また、中性脂肪やコレステロール値、血圧などが上昇して生活習慣病のリスクが高まるのもこの世代です。特に50代の女性は、ダイエットを意識しておく必要があります。 というのも女性は閉経を迎えると女性ホルモンはほとんど分泌されなくなりますが、脂肪の分解は女性ホルモンによって促進されるため、閉経した女性は太りやすくなってしまうのです。

閉経後5年を超えると女性ホルモンの分泌がストップするといわれ、50代女性の肥満はこの後から加速していきます。現役でバリバリ働いている世代ですので、自分のカラダとしっかり向き合って、病気にならない、太りにくいカラダづくりが欠かせない世代と言えるでしょう。

おすすめ!
50代のダイエット方法

50代のダイエットは体重を落とすことよりも、健やかなカラダを作ることを目的としましょう。激しい運動やムリな食事制限はカラダを痛めやすくなるだけでなく、かえって代謝を低下させてしまうことがあります。

ただし、普通に食べていても太る世代ですから、消費カロリーを常に意識しながら毎日を過ごすことが重要です。毎日体重を計る、ちょっとした隙間時間でもカラダを動かすなど、ダイエットを生活の一部として習慣づけるようにしましょう。食事についてはごはんやパン、パスタ、ケーキなどの炭水化物はできるだけ量を減らす努力を。野菜から食べ始めてタンパク質、炭水化物の順で食べる、白米から玄米に変えるなど、血糖値を上げにくくする工夫も取り入れるといいでしょう。

50代は膝に負担がかかっていたり、閉経によって骨がもろくなっていますので、激しい運動は避けて、毎日続けられる運動やエクササイズを取り入れるようにしたいものです。ウォーキングや水泳などカラダに負担のかからない有酸素運動を定期的に行いながら、普段からこまめに動く習慣を身につけましょう。また基礎代謝をアップさせるためには筋肉が不可欠。筋肉が落ちやすい年代ですから、筋力アップのためのトレーニングも積極的に取り組みましょう。

50代に効果アリ!
ダイエットサプリならコレ

代謝が落ちている50代は消費カロリーをアップさせることよりも、食事で取り込む摂取カロリーをできるだけ減らすことがダイエットのカギ。肥満の原因となるごはん、パン、ケーキなど炭水化物に多く含まれる糖質や、脂っこい料理や肉類、油分に多い脂質をできるだけカットするためには、脂質・糖質の吸収を抑制する作用のあるダイエットサプリを取り入れるといいでしょう。

メタバリアやカロリストン、食卓の戦士など、中高年の脂質・糖質ブロック効果を目的として開発された商品も多く販売されていますので、成分などをよく比較して選ぶとよさそうです。

また、50代は摂取カロリーは減らしたいけれど、健康維持のためには必要な栄養素をしっかり補給する必要がある年代ですので、食事メニューに苦心する人も多いようです。カメヤマ酵母など、酵素系のダイエットサプリは糖質・脂質の吸収を抑制する一方、必要な栄養素をしっかり補給できるので、栄養不足が気になる人におすすめです。

ダイエットサプリおすすめランキング
TOP