バナナ型体型のダイエット法をチェック

バナナ型体型のダイエット法をチェック

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

バナナ体型のダイエット方法

日本人の2割近くがあてはまると言われているバナナ型は、他のタイプに比べて基礎代謝量が高く、太りにくい体質の人が多いと言われています。体型も全体的に細身で、体型にメリハリがないのが特徴。食事も野菜やフルーツ、豆腐などヘルシーなものを好み、摂取カロリーは決して多くありません。一見すると肥満とは無縁に見えますが、一方で食事に執着があまりなく、食事を抜いても平気という一面が。筋肉がつきにくい体質も災いして、いったん太り始めると3タイプ中でもっとも痩せにくいという危険がありますので、バナナ型の人は体型変化に注意が必要です。

バナナ型が太る原因は?
気をつけること

banana上半身にボリュームがあるリンゴ型、下半身デブといわれる洋梨型と違って、バナナ型の人は全体的にほっそりした体型で、バナナのような細長い印象を与えます。食べるものもヘルシーなものを好む上に、基礎代謝量が他の2タイプより高いため、食べすぎても太ったことがないという人が多いのがこのタイプの特徴です。

一見すると、ダイエットをする必要がないように思えるバナナ型ですが、実は筋肉がつきにくく、ついてもすぐ落ちるという難点があるのです。筋肉は脂肪を燃焼してエネルギーに変える役割を果たす重要な存在。代謝が高いうちはいいのですが、代謝が低下してくる30代以降になると、体脂肪をためやすいカラダになって突然太り始めるケースが多いのです。

全体は痩せているのに下腹部だけがぽっこりしているなど、隠れ肥満型が多いのがバナナ型。一度太るとなかなか痩せなくなり、生活習慣病などのリスクも高まりますので、突然太り始めたと気づいたら早期に対策を練りましょう。

コレがおすすめ!
バナナ型のダイエット法

バナナ型の体型を改善しようと思った場合に、食事と運動組み合わせて対策を取ってみましょう。リンゴ型や洋ナシ型に比べるとほっそりとしたイメージがありますが、食事内容や運動に注意しておかないと突然太ってしまうことも。注意しておきたいポイントを紹介します。

バナナ型におすすめの食事

食事はバランスよく摂ることが大切。もともとバナナ型の方は痩せ型です。しかし、食事のバランスが乱れて体重が減ってしまうと基礎代謝が落ち、太りやすくなる原因に繋がってしまいます。バナナ型体型の方はあまり食事に執着がない方が多く、簡単なお菓子のみで済ませてしまうことも少なくありません。これによって栄養バランスが乱れ、太りやすくなってしまうこともあるので気をつけましょう。また、食事量が少なくなると体が冷えやすくなります。バナナ型の体型に加えて冷え性も感じているようであれば、エネルギーが足りないのだと考えてみましょう。

食事量が少なすぎないか、栄養のあるものがしっかり取れているのか自分の食事メニューを見直してみてください。痩せるのを防ぐためにお菓子やデザート類をたくさん食べるのはNGです。確かにお菓子類などにはたくさんの糖質やカロリーが含まれていますが、ただ単に脂肪が増え、筋肉が減ってしまう可能性があります。

栄養素を理解することも重要

どのような食材にどのような栄養素が含まれているのか?を一度調べてみるのもおすすめです。そうすることにより、自分にとって不足している栄養素がわかりやすくなるでしょう。栄養素が偏っている場合はサプリメントなどの力も借りながらバランスの良い栄養摂取を目指してみてください。

食事の注意点

バナナ型の方が将来的に太るのを防ぐためには体の土台を作ることも重要です。そのためには、筋肉を作る際に欠かせない役割を持っているタンパク質をしっかり取り入れるようにしましょう。その次に筋肉や骨を作り役割を持った野菜や海草を取り、炭水化物は最後に食べるようにしてみてください。

栄養素の中でも特に注目しておきたいのが炭水化物とタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルです。毎食でバランスよく栄養素を取り入れていくのは大変なことではありますが、特に筋肉を作るのに欠かせない役割を持っているたんぱく質は一日3食で取り入れるのが理想的です。牛肉や豚肉、鳥肉といった肉類のほか、魚介類、大豆製品、乳製品などにタンパク質が含まれています。これらをしっかり取り入れてみてください。

バナナ型におすすめの運動

バナナ型の方は筋肉が付きにくい特徴を持っていますが、筋肉が少ないと基礎代謝が低くなり、太りやすくなってしまいます。加齢によって基礎代謝が落ちるタイミングで急に太りだすこともあるので、筋トレをしてしっかり筋肉を付けておきましょう。 普段あまり運動をしたことがない方はムリのない範囲で行ってみてくださいね。軽いエクササイズやウォーキングも行いながら無酸素運動を行うのがおすすめです。

筋トレを行う際には、効率よく筋肉が付けられるように体の中でも大きな筋肉から鍛えてみましょう。例えば、太ももの筋肉は身体の筋肉の中でも大きい部位なので、ここを鍛えてみるのもおすすめです。太ももを鍛える方法といえば、スクワットが代表的でしょう。ただし、正しいスクワットを実践しなければ意味がありません。

正しいスクワットやり方

服圧倒した際に、膝がつま先よりも前に出ないようにバランスを取ることが必要です。このような体勢になると膝に大きな負担がかかり、すぐに疲れてしまうだけでなく、膝を痛めてしまう可能性があります。両手を前に伸ばして断ったら足を肩幅に開き、つま先はしっかり前を向きましょう。ゆっくりと膝を曲げますが、腰がそらないように注意してください。太ももと床が平行になるくらいまで腰を下ろすのがポイントです。急いで行うのではなく、ゆっくり行いましょう。他、背筋なども比較的大きな筋肉なので、効率よく筋肉をつけるためにも大きな筋肉を鍛えてみてください。

バナナ型は避けよう
注意したいダイエット方法

一見ほっそりしているバナナ型は基礎代謝が高く、食べても太りにくいのが特徴。しかし代謝が高い若い頃はいいのですが、加齢とともに代謝が落ちてくると一気に太りやすくなります。そんなバナナ型が避けたいダイエット方法を紹介しましょう。

【朝食抜きダイエット】

バナナ型の方が避けたいダイエット方法として、朝食抜きダイエットがあります。起き抜けは食欲が湧かず、朝食を抜いてしまっている方は少なくありません。しかし、バナナ型に関しては1日3食きちんと食べることが望ましいと言われています。3食しっかり摂ることで体内時計が調節され、ホルモンバランスの維持に役立つでしょう。

また、朝食を抜くと血糖値を下げるインスリンがうまく働かなくなり、体を動かしにくくなるため肥満につながります。体を動かさないのは基礎代謝を下げてしまう要因。そのためバナナ型の方は朝食抜きダイエットのように、食事回数を減らす方法は避けたほうが賢明と言えます。

効果が出やすい!
バナナ型へのおすすめサプリ

banana_sapuri腸内環境が乱れがちなバナナ型の人は、腸内環境を整えてくれる作用のあるダイエットサプリの導入をおすすめします。腸内環境の改善は便秘を解消するだけでなく、栄養の吸収を活発化したり、ホルモンの分泌を正常化して肌荒れや吹き出物をなくしたり、口臭や体臭を予防するなど、さまざまな効果があります。

超環境改善系サプリにはビフィズス菌やオリゴ糖、乳酸菌など、ヨーグルトなどでもおなじみの善玉菌が配合され、カラダに負担をかけることなくカラダのめぐりをよくしてくれるのでおすすめです。腸内環境を改善してくれるダイエットサプリには多彩なバリエーションがありますが、おすすめはメタバリアスリムやカロリストン、スリムドカン、ラクトフェリンなど。

また、カメヤマ酵母などの酵素配合サプリは酵母・酵素の力で腸内環境を整えながら、カラダに必要な栄養を補給できるので、栄養が偏りがちなバナナ型の人と相性がよさそうです。

ダイエットサプリの効果を高める!
バナナ型におすすめの生活習慣

ダイエットサプリを服用する場合、サプリだけに頼るのではなく、生活習慣にも配慮することが大切です。バナナ型の方がダイエットサプリの効果を高める生活習慣を紹介します。

【胃腸に優しい食生活】

バナナ型の方は便秘と下痢になりやすく、さらに繰り返しやすいという特徴があります。そのためバナナ型には、胃腸に優しい食生活が重要。食事の際には一度にたくさん食べないこと、よく噛んで唾液を出し消化吸収を高めることを心がけましょう。

食事メニューは、消化しやすいものがおすすめです。肉よりも大豆製品でタンパク質を摂る、冷たいものではなく温かい食事を摂る、ゆでる・蒸すなど火を通したメニューを意識しましょう。野菜スープや消化を促す大根・かぶ、胃腸の健康を維持するキャベツやレタス、胃を保護する山芋などもおすすめです。

【酵素を意識的に摂る】

バナナ型は、代謝が落ちる30代くらいから脂肪がつきやすくなる傾向にあります。その原因のひとつと言われているのが、分解酵素が少ないこと。酵素が少ないと、摂取した食べ物を分解し栄養にする働きや代謝機能が低下するため、脂肪がつきやすくなります。また代謝が低いと、一度ついた脂肪を落とすことも難しいです。そのためバナナ型は脂質や糖質を分解する酵素や、代謝を上げる酵素を積極的に摂ることを意識しましょう。

酵素を多く含む食材としては、レタスやセロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、バナナ、リンゴ、キウイ、アボカドなどがあります。これらの食材を毎日の食事に取り入れてみてください。

ダイエットサプリおすすめランキング