スッキリ痩せる!リンゴ型体型のダイエット

リンゴ型体型の人がダイエットに成功する方法をまとめています

リンゴ体型のダイエット方法

日本人のおよそ3割がこのタイプといわれているのが、ウエストやお腹、背中など、主に上半身に脂肪がたまりやすいリンゴ型です。お腹がぽっこり出るなど全体にぽっちゃりした印象を与えるのが特徴で、特に男性や閉経後の女性に多い体型です。体脂肪より内臓脂肪がつきやすく、ウエストまわりから太り始めます。ごはんやパン、パスタ、ラーメンなど炭水化物をよく食べる人や、甘いものに目がない人が多いですが、糖質の分解力が弱く、摂取した糖質を消化しきれず脂肪としてためこみやすくなります。では、リンゴ型の人にピッタリのダイエット方法とはどんなものなのか詳しく解説します。

リンゴ型が太る原因は?
気をつけること

appleまず、リンゴ型の肥満遺伝子を持つ人は、他のタイプの人に比べて基礎代謝量がおよそ200kcalほど少ないため、他の人と同じものを食べても太りやすい体質であることを自覚することが大切です。

このタイプの人は一般的におおらかで楽天的な性格の人や、世話好きで頼まれごとに弱い人が多く、ダイエットを始めても長続きしなかったり、好物をガマンできない、人に勧められるとついつい間食をしてしまった結果、なし崩しでダイエットに挫折してしまった経験をした人も多いのでは?

また、リンゴ型の人はごはんやパン、麺類などの炭水化物を好むため、糖質を消化して血糖値が低下するとお腹がすいてイライラしがち。そこで間食に走ったりドカ食いをしたせいで、さらに内臓脂肪をためこんでお腹がせり出してしまうと悪循環に陥りがちです。内臓脂肪がたまりやすいリンゴ型は生活習慣病を引き起こしやすくなりますので、健康維持のためにもダイエットは不可欠といえそうです。

コレがおすすめ!
リンゴ型のダイエット法

リンゴ型の人のダイエットは、糖質制限が最大の課題となります。ただ、ごはんやパンなどの炭水化物をガマンする糖質制限は、このタイプの人にはかなりツラい修行になるかも!?食べる量をできるだけ減らす努力は惜しまず続けたいところですが、ダイエット挫折を回避するには食べる順番を考える、ゆっくり食べるなど、糖質の吸収を抑える工夫を取り入れるとよさそうです。

食べるときは野菜やスープ→肉や魚などのタンパク質→ごはんやパンなどの炭水化物、の順番で食べることで、満腹感が出て炭水化物の量を減らせるだけでなく、血糖値の上昇をおだやかにすることができます。 また、リンゴ型は早食いの人が多いため、噛む回数を多くする努力を。たくさん噛むことで唾液の分泌を促して消化を高めるだけでなく、少ない量で満腹感を味わえ食べすぎを防ぐことができて一石二鳥です。

運動については有酸素運動を積極的に取り入れましょう。内臓脂肪を燃やすにはウオーキングやヨガ、水泳などの有酸素運動が効果的です。20分以上しっかりとカラダを動かして、たまった脂肪を燃焼させるとよさそうです。また、お腹まわりが太りやすいリンゴ型の人は腹筋が弱いことが多いため、腹筋を鍛えるエクササイズでしっかり引き締めを。

効果が出やすい!
リンゴ型向けのダイエットサプリ

apple_sapuri炭水化物がなかなかガマンできないリンゴ型の人は、糖質の吸収をカットしてくれるダイエットサプリを利用するのがおすすめです。主食である炭水化物は食事制限の中でも特にガマンが難しく、カラダが糖質を欲して空腹感を呼んでしまうため、自力での制限が厳しいと思ったときは脂質カット系ダイエットサプリを導入することをおすすめします。

糖質カット系のダイエットサプリは、食事で摂った糖質の分解を早めたり、体内に吸収される前に体外に排出するなど、脂質を吸収して内臓脂肪に変わるのをブロックしてくれる作用があり、厳しい食事制限を軽減してくれるとダイエットサプリの中でも人気が高いジャンルです。

糖質カット系ダイエットサプリのおすすめは、カメヤマ酵母やメタバリアスリム、カロリミット、シースルーライト、賢者の食卓など。脂質の吸収を抑えるダイエット成分が配合され、糖質制限ダイエットを強力にサポートしてくれます。

ダイエットサプリおすすめランキング
TOP