腸内環境サプリ・便秘サプリでダイエット

腸内環境サプリ・便秘サプリでダイエット

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

ダイエットの秘訣は腸にあった

ダイエットを成功させるための秘訣は、ズバリ!「腸」にあります。効果的にダイエットを進めたいなら、腸内環境に注目する必要があります。

ダイエット成功者の腸内には善玉菌とヤセ菌が多い!

腸内には無数の細菌が存在しており、善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものがあります。善玉菌の代表格といえば、乳酸菌と呼ばれているビフィズス菌やフェーカリス菌があります。悪玉菌の代表格だと、ウェルシュ菌などが挙げられます。

善玉菌は腸内の有害物質を排出したり、悪玉菌を抑えたりする働きを持っていますが、悪玉菌は有害物質や発ガン物質を作り出し、代謝を悪くするなど問題が多い菌です。腸内環境の悪化は悪玉菌が増殖して活発に動き回ることでもあるため、不健康で太りやすい体になってしまうおそれがあるのです。

また、腸内細菌にはデブ菌、ヤセ菌と呼ばれる菌の存在が指摘されています。文字通り、太りやすくする菌とダイエットに役立つ菌です。これは、アメリカのワシントン大学ジェフリー・ゴードン博士らによって明らかにされたものです。

ファーミキューテス類の菌がデブ菌、バクテロイデーテス類の菌がヤセ菌とされており、肥満の人にはファーミキューテス類が多く、バクテロイデーテス類が少ない傾向があることが明らかになりました。痩せている人には逆の傾向がみられるとのことです。実際に、ダイエット成功者のファーミキューテス類とバクテロイデーテス類のバランスを調べたところ、ダイエット前とは逆になったとの報告もあります。

これらのことから、善玉菌やバクテロイデーテス類の菌が少なく、悪玉菌やファーミキューテス類が多い腸内環境はまさに「ダイエットの敵」だといえます。ダイエットのためには、善玉菌と悪玉菌のバランスはもちろんですが、「ヤセ菌が多くデブ菌が少ない腸内環境を作ること」が肝心でしょう。

食習慣の改善と新陳代謝によるデトックス効果

ヤセ菌とデブ菌のバランスは、食習慣の改善でも調整することができます。ヤセ菌とデブ菌の総量はあまり変わらないと言われており、ヤセ菌を増やすことができれば、自然とデブ菌が減ることになります。ヤセ菌を増やすためには、「脂肪分の多い食事を控えめにすること」が重要です。そして、きちんと計画的に食事時間を設けましょう。脂っこいものを間食する習慣がある人は、デブ菌の温床を作っているようなものです。脂っこいものは避けるようにしてください。

ヤセ菌を増やすために望ましい食べ物としては、善玉菌である乳酸菌が多く含まれている「ヨーグルト」が一番手に挙げられます。善玉菌の腸内環境を整える力には、ヤセ菌を増やす作用もあったのです。ただし、加糖するなど味付けしてあるヨーグルトではなく、プレーンヨーグルトが望ましいことに注意しましょう。

また、食習慣の改善は、ダイエットの大敵である便秘の解消にもつながります。便秘も、悪玉菌の影響など腸内環境の悪化が絡んでいるためです。ヨーグルト以外では、食物繊維が豊富な野菜や海藻類、グルタミン酸が多い魚介類、オリゴ糖を含む大豆や玉ねぎなどもおすすめですよ。

生活習慣全体を見直すことで、代謝を高めることができます。ウォーキングなどの適度な有酸素運動には、代謝を高める効果、腸の動きを活発化される効果があるとされています。そのため、便秘対策には有酸素運動が良いでしょう。食習慣の改善と規則正しい生活、そして適度な運動でデトックス効果を高めることにより、ダイエットの成功をより近くに引き寄せることができます。

腸内環境を改善するダイエットサプリ

いわゆる「便秘サプリ、デトックスサプリ」と呼ばれるのが、この腸内環境改善サプリ。食物繊維やビフィズス菌、をはじめとする乳酸菌など、整腸作用のある成分がふんだんに配合されているのが特徴で、自然な便意を促してお通じをスムーズにする働きがあります。腸は必要な栄養を吸収したり、新陳代謝をつかさどる重要な部分。腸の動きが停滞していると便秘だけでなく、代謝が低下したり冷え性やむくみを引き起こしたりするなど、カラダ全体のめぐりを悪くして太りやすい体質になってしまうのです。サプリの働きで低下していた腸内環境を改善し、溜め込んだ老廃物を排出したり、不足しがちな栄養素を補給して代謝を高めたりすることができます。

腸内環境改善サプリで痩せる仕組み

腸内環境改善腸内環境改善

ダイエットサプリの中でも特にバリエーションが豊富なのが、この腸内環境改善」サプリです。というのも「ダイエットを頑張っているのに痩せない」人は、新陳代謝が低下していたり、冷え性だったりすることが多いのです。

その原因となるのが腸の働きの低下。腸は食事で摂り込んだ栄養を吸収するだけでなく、代謝をアップさせてカラダのめぐりをよくしたり、美肌を作りだしたりする働きがあります。

また喜びや快楽を伝え、ストレスによる過食を防ぐ「ハッピーホルモン」と呼ばれるセロトニンや、新陳代謝をアップさせ食欲を抑制させるドーパミンは腸で作られるため、腸の働きが弱くなるとダイエットにも多大な影響を与えることがわかってきました。

腸内環境改善サプリは、ダイエットの妨げになる腸内環境の乱れを整え、太りにくく痩せやすいカラダを作る手助けをする成分が配合されています。ビフィズス菌をはじめとした乳酸菌など、整腸作用のあるもので腸の中を正常化し、溜まった老廃物を体外に排出させます。便秘を解消しただけでも体重が減るので、ダイエット効果がありますが、腸内環境を改善することでホルモンバランスを整えて新陳代謝の活発な痩せやすい体質を作ります。

代表的な腸内環境改善成分とその効果

ビフィズス菌、乳酸菌

腸内環境を整える成分

代表的な食べ物:ヨーグルト

成分の種類:水溶性食物繊維

効果:腸内環境を整える

代表的な食べ物:野菜、海藻、イモ類、きのこ、こんにゃく

成分の種類:不溶性食物繊維

効果:頑固な便秘を解消する

代表的な食べ物:野菜、穀物、豆類、カニやエビの殻、きのこ

食物繊維、茶葉エキス

頑固な便秘を解消する成分

代表的な食べ物:茶葉

腸内環境を整える成分の代表格といえるのが、ヨーグルトにも入っているビフィズス菌をはじめとする乳酸菌。どちらも腸内にもともといる善玉菌ですが、加齢やストレスなどが原因で減少してしまうと、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化してしまいます。不足しがちな善玉菌を補うことで、腸の働きを活発にするのが基本的な考え方です。

実際、健常な成人ボランティア114名を対象とした臨床試験では、排便回数や排便量の増加が確認されたほか、理想の便の形とされる「バナナ状」の出現率もアップしたことが報告されています。[1] ただし乳酸菌やビフィズス菌は体質によって合わないことがあり、また腸まで届く前に胃酸で死滅してしまう場合もあるため、サプリで補給してもうまく働いてくれない場合も。そのため、ビフィズス菌や乳酸菌で腸内環境を整えたい場合は、しっかり腸まで届く設計のダイエットサプリを選ぶ必要があります。

最近では失った善玉菌を補給するのではなく、体内にある善玉菌を増やして活性化させる枯草菌なども開発されています。枯草菌とはヒトの胃腸や土壌、植物などに存在する真正細菌の一種で、食品では味噌や醤油のもろみなどに含まれています。健康促進作用があることで知られる納豆菌も枯草菌のひとつです。

体外から補給した乳酸菌やビフィズス菌は体質によっては外に排出されてしまうおそれがあるのですが、枯草菌はもともと存在する善玉菌の増殖を促してくれるので、どなたでも腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることができます。

枯草菌の腸内環境改善効果については子豚を対象とした実験でも証明されており、腸内の乳酸菌群の多様性の保持が認められたほか、便の状態の低下や下痢の発生率の減少などがみられたことが報告されています。[2]

腸を整えるといえば食物繊維も欠かせません。コレステロールと結合して体外に排出したり、頑固な便秘を解消したりする働きがあります。その他キダチアロエやハトムギ、明日葉、ドクダミなど便秘解消茶として親しまれる茶葉エキスを配合したダイエットサプリもあります。

また、腸内のpHを弱酸性に保つ作用があることがラットを使った研究によって明らかになりました。[3]pHが弱酸性に保たれると二次胆汁酸といった発がん関連物質の生成を抑制することができるため、大腸癌予防への効果も期待できます。

その他キダチアロエやハトムギ、明日葉、ドクダミなど便秘解消茶として親しまれる茶葉エキスを配合したダイエットサプリもあります。

アロエは腸内細菌によって分解・活性化されて大腸に作用し、お通じを改善する効果があることがラットを用いた実験で証明されています。[4]

また、茶葉には茶カテキンが豊富に含まれているのですが、寝たきりの患者に茶カテキンを1日300mgずつ投与したところ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増加した一方、クロストリジウムなどの悪玉菌の数が減少したという結果が出ています。また、同時に便臭が抑えられたという結果も出ています。これは腸内の善玉・悪玉菌のバランスが整ったことで便中の有機酸類が増加し、pHが低下したことによると考えられます。茶葉エキスは便臭に悩んでいる人にもおすすめの成分と言えるでしょう。[5]

腸内環境サプリを飲むタイミングについて解説

腸内環境サプリに含まれる乳酸菌は熱や胃酸に弱いという特徴があります。 そのため、食前、空腹時の胃酸のはたらきが強まっている時間帯に飲むのはあまりおすすめしません。

腸内環境サプリは食後に飲むと良いでしょう。乳酸菌にダメージを与えずしっかりと腸まで届きます。朝食後、夕食後であまり効果に違いはないようですが、腸内環境サプリは毎日同じ時間に飲み続けることが大切。朝はバタバタしていて忘れてしまうという方は、夕食後に飲む習慣をつけるといいでしょう。

腸内環境サプリの成分によっても飲むタイミングは微妙に違いますので、自分にぴったりのタイミングを探してみてくださいね。

腸内環境を改善してくれるダイエットサプリ一覧

腸内環境改善_カメヤマ酵母

【有効成分】

ビフィズス菌、オリゴ糖

酵母を生きたまま腸まで運び、脂質や糖質の吸収を約3割カット。ダイエットに必要な栄養もしっかり補給できるバランス抜群のサプリです。ビフィズス菌やオリゴ糖が配合され、便秘解消と整腸作用の効果があります。

このサプリの詳細
 腸内環境改善_メタバリアスリム

【有効成分】

サラシア

ダイエット成分「サラシア」を240mgとたっぷり配合し、腸内で糖分の分解を抑えることで、食事で摂取した糖質を体内に吸収することなく排出。その際に善玉菌のエサとなるオリゴ糖が腸内に残されるため、腸内環境を改善してお通じをスムーズにします。

このサプリの詳細
 腸内環境改善_カロリストン

【有効成分】

環状オリゴ糖、サラシア

脂肪を燃焼させるL-カルニチンやポリフェノール、コーヒークロロゲン酸、脂質・糖質の吸収を抑える酒粕醗酵食物繊維やギムネマ、豊富な食物繊維や環状オリゴ糖などで腸内環境を改善して、ダイエットライフを強力にバックアップ。環状オリゴ糖やサラシアには腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸のぜん動運動を活発にします。

このサプリの詳細
 腸内環境改善_すらっと宣言

【有効成分】

オリゴ糖

便秘改善成分として注目のキャンドルブッシュをはじめ、7種の茶葉エキスを抽出。カラダに負担をかけずに毎日のお通じをスムーズにし、代謝アップをサポートします。オリゴ糖配合で、腸内環境を改善する作用があります。

このサプリの詳細
 腸内環境改善_シースルーライト

【有効成分】

乳酸菌、麹菌、酵母菌

108種類の豊富な素材を分解・発酵させてつくった発酵エキスをもとにした酵母菌を配合。腸内で脂肪分や糖分と結合して発酵分解し、余分なカロリーをカットするだけでなく、乳酸菌や麹菌とともに腸内環境を整えて便秘を解消します。

このサプリの詳細
 腸内環境改善_肥後すっぽんもろみ

【有効成分】

クエン酸

熊本の高級すっぽんブランド「肥後 日の元すっぽん」を粉砕し、黒酢の312倍ものアミノ酸を凝縮。クエン酸たっぷりの琉球もろみ酢が、胃のぜん動運動を促進して腸内の悪玉菌を殺菌。便秘解消をサポートします。

このサプリの詳細
ダイエットサプリおすすめランキング