基礎代謝を上げてダイエット!代謝アップに役立つヨウ素とは?

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » 基礎代謝を上げてダイエット!代謝アップに役立つヨウ素とは?

基礎代謝を上げてダイエット!代謝アップに役立つヨウ素とは?

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

ヨウ素にダイエット効果はあるの?

ヨウ素

普段の食生活で摂取しやすい成分として挙げられるのがヨウ素です。じつは、ダイエットをサポートするのにも欠かせない役割を持っています。

普段、通常の食生活を送っている方であればまず不足することはないと言われていますが、仕事が忙しくてあまりにも食生活が不規則だったり、コンビニ弁当で済ませたり外食が多いなど偏った食事ばかりを取っている方は不足している可能性も少し疑ってみた方が良いかもしれません。

代謝にも重要な役割を持っているということもあり、基本的なダイエットを考える上でもぜひともチェックしておきたい成分です。そこで、ヨウ素の持っているダイエット効果や、取り入れる際に注意しておきたいポイントなどについてご紹介しましょう。

ヨウ素とは一体なに?

ヨウ素とは、体内では甲状腺に存在しているものであり、「ヨード」とも呼ばれています。ただ、体内に存在している量はごくわずか。それでも重要な役割を持っています。

例えば、エネルギーを生成したりする際にも欠かせない役割を持っている酵素系の中にも存在している成分であり、体の機能を健康な状態に保つためにも重要な「甲状腺ホルモンと」と呼ばれるホルモンを作る際にも欠かせない役割を持っているのです。

ヨウ素が含まれている意外なものは?

ダイエットに役立つ成分というと、自ら意識して摂取しなければならないイメージがあるかもしれません。ですが、ヨウ素は私たちが普段特に気にせずに取り入れているような食材にも含まれている成分なのです。

例えば、ホワイトチョコレートにも含まれていますし、揚げパンにも含まれているとのこと。彩りに欠かせないパセリやアヒルの卵で作るピータンなどにも含まれています。

日常生活の中ではなかなか「ヨウ素」なんて栄養素は耳にしませんが、このように考えると私たちにとっても身近な成分だとわかるのではないでしょうか。

ヨウ素が持っている主な効果

ヨウ素はダイエット以外にも成長を促進するといった働きを持っています。例えば、炭水化物や脂質、たんぱく質といったものの代謝にはヨウ素を主原料として作る甲状腺ホルモンの働きが欠かせません。ヨウ素があるからこそ成長や神経活動がしっかりと行われ、成長を促進する働きが期待できるのです。

万が一要素が不足した場合には、神経細胞の発達や末梢組織の成長が十分に行われなくなる可能性もあります。成長をする上でも欠かせない働きを持っているため、特に乳幼児・成長期の子どもでは不足しないように注意したいですね。

ただ、通常の食生活を送っているだけでも摂取できる成分なので、それほど不足に注意する必要はありません。

髪や爪、皮膚などの美容効果

ヨウ素は甲状腺ホルモンによる新陳代謝の促進とも深い関わりを持っています。これにより、美しい爪、髪の毛といったものを作り出す働きも期待できるのです。

ヨウ素があまりにも不足しすぎてしまった場合には美容的な問題が発生する可能性もあるので注意しておきたいですね。不足の可能性は低いと言われていますが、極端に食生活が乱れている方は注意が必要です。

ヨウ素でダイエットできる理由

ヨウ素が持っている大きなダイエット効果と言えば、基礎代謝を高める働きです。ダイエットについて調べたことがある方ならば、基礎代謝がダイエット成功を大きく左右することはご存知のはず。

基礎代謝とは、ただ生きているだけで勝手に消費されるエネルギーのことです。当然ながら、基礎代謝が高い人の方が痩せやすい体質だといえます。

ヨウ素は基礎代謝を調節する役割を持っているのです。基礎代謝は筋肉をつけたりすることによって増やせますが、仕事が忙しくてなかなか筋トレする時間も取れない…と悩んでいる方にとっても嬉しい働きをしてくれる成分だといえるでしょう。

それだけでなく、血中の悪玉コレステロール値を下げるのにも役立ってくれる成分であり、脂肪燃焼効果も期待できます。

効果的なダイエットのポイント

ヨウ素は普段口にしている食品でも十分摂取できているので、改めて摂取する方法について考える必要はありません。それよりも、せっかくダイエット効果を持ったヨウ素を普段の食生活で取り入れているわけですから、それに組み合わせて適度な食事制限を行ってみたり、運動を取り入れることについて検討してみてはどうでしょうか。

食品の中でヨウ素が多く含まれているのは?

食品の中では海藻類に多く含まれています。昆布やわかめ、ひじき、海苔などが代表的で、他にも魚類であるサバや鮭、カツオなどにも含まれていますし、大豆やあずき、バターなどにも含まれている成分です。

普段の生活の中でも取り入れやすいと感じた方もいるのではないでしょうか?ただ、取り入れやすい成分だからこその注意点もあります。詳しくご紹介しましょう。

ヨウ素の副作用&注意点

注意しなければならないのが、ヨウ素はどちらかというと過剰摂取に繋がりがちな成分だということ。不足した場合には健康被害に繋がりがちな成分ではありますが、だからといって過剰摂取気味の方が良いのか?というとそうではありません。

あまりにも食生活が乱れている場合などにはサプリメントで取り入れることについても検討しなければなりませんが、ほとんどの方は心配ありません。

例えば、とろろ昆布は非常に多くのヨウ素が含まれており、ほんのひとつまみ程度でも耐容上限量を超えてしまうとのこと。たまに超える程度であれば特に問題はないとされていますが、毎日継続してサプリメントなどで過剰摂取した場合には健康被害も考えられます。

一方で、要素が不足した場合には耐容上限量にも繋がる恐れがあるのです。不足した甲状腺ホルモンを補うため、体は下垂体で甲状腺刺激ホルモンの分泌を増やそうとします。すると、甲状腺が大きくなり、甲状腺の肥大や甲状腺腫といった症状にもつながりかねません。

ただ、繰り返しになりますが不足の可能性はあまりないので、不足した場合のトラブルよりも、過剰摂取した場合のトラブルに注目しておいた方が良いでしょう。

ヨウ素を活用したダイエットが向いている人

基礎代謝を高める働きを持っているということもあり、基礎代謝が低い方に向いています。基礎代謝は、ただ生きているだけで使われるエネルギー、つまり、最低限必要なエネルギーのこと。

体温を維持したり、呼吸をするだけでもエネルギーが使われるため、そう言ったものも基礎代謝を大きく左右しています。体の中でも最もエネルギー消費が多く行われているのが筋肉なので、基礎代謝が低い方は筋肉量が不足している可能性も疑ってみましょう。

脂肪はついているのに筋肉が足りないと感じている方、筋トレの時間が取れない方、毎日仕事が忙しく帰ってくるのが遅いためにダイエットのために十分な時間が取れない方などもヨウ素がダイエットサポートに役立ってくれるでしょう。

ヨウ素でダイエット力を強める

普段の食生活の中でも意識せずに取り入れることが多い成分がヨウ素です。基礎代謝を高めることはダイエット成功のためにも価格のことなので、その働きに注目したいですね。

サプリメントであえて取り入れる必要はありませんが、食事の中で意識してヨウ素を取り入れていこうと思うと過剰摂取に繋がってしまう恐れもあるので、摂取できる量がわかりやすいサプリメントの方が安全性が高いといえるかもしれません。