からだをサビから守るコエンザイムQ10の隠された秘密

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » からだをサビから守るコエンザイムQ10の隠された秘密

からだをサビから守るコエンザイムQ10の隠された秘密

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10と聞くと、美容系のサプリメントでも多く取り上げられていることから「美容や肌に良い成分」というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか?美肌やアンチエイジングに効果があることはもちろんですが、実はコエンザイムQ10はダイエット効果も期待できるとして注目されています。ここでは、コエンザイムQ10がからだの中でどのようなはたらきをするのかを詳しく調べています。気になるダイエット効果をはじめ、どのくらい摂取すればいいのかの目安や、種類のちがいによるからだに与える影響や効果のちがいなども徹底調査しました。実際にコエンザイムQ10を取り入れてダイエットに挑戦した方の口コミも紹介しているので要チェック!果たして本当に効果はあるのでしょうか?これからダイエットをはじめたい方や効率的に痩せたい方、スリムな身体とキレイな肌を同時に手にいれたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10とは「ビタミン様物質」というビタミンに似た物質で、日本語で言う「補酵素」のこと。学名を「ユビキノン」「ユビキノール」といい、動物の細胞膜に存在しています。主に肉類や魚介類などの食品に含まれており、中でも心臓や肝臓などの部位に多く存在。ビタミンは人間にとって「自らの身体でつくることができない化合物」なのに対し、コエンザイムQ10は人間の体内でつくりだすことが可能です。似ていても「ビタミンではない」のはそのような違いからくるもの。コエンザイムQ10はコレステロールと同じ経路でつくられると言われており、主に肝臓で合成されます。そのコエンザイムQ10が細胞内のミトコンドリアに届くと、エネルギーをつくり出すのに重要な役割を果たすのです。コエンザイムQ10を体内に補うと、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防やエネルギー燃焼の向上、美肌や冷え性の改善につながります。さまざまな働きを持つコエンザイムQ10は、健康な毎日を過ごす上で不可欠な存在です。

コエンザイムQ10の効果・効能

コエンザイムQ10のはたらきは大きくわけて2つ。エネルギーの生成と抗酸化作用です。人間が生きていく上で必要なエネルギーのほとんどは、細胞内のミトコンドリアでつくられています。身体のエネルギー生産において全ての細胞を支える重要な働きを担っているコエンザイムQ10。コエンザイムQ10の持つ効果のなかでも特に有名なのは「抗酸化作用」です。身体の中の活性酸素を除去し、肌をはじめ心臓や肝臓などの臓器を若々しく保ってくれます。全身を酸化から守ってくれるので、体内にコエンザイムQ10を十分に補うと免疫力も高まり疲労回復にも効果的。身体の外側だけでなく内側からもアンチエイジングに役立つ成分です。逆に体内のコエンザイムQ10が著しく不足してしまうと、ミトコンドリアがエネルギーを生産できなくなってしまい、細胞本来のはたらきが失われてしまいます。免疫力が下がり体調を崩しやすくなったり、疲れやすくなったりする原因に。健康な毎日を過ごすためにも、食品やサプリメントでしっかりと補い、体内のコエンザイムQ10が不足しないようにしておくことが大切です。

「酸化型」と「還元型」の違いがある

コエンザイムQ10は「酸化型」と「還元型」があり、種類によって体内への吸収率が異なります。酸化型コエンザイムは、からだの中に入ってから還元型に変化するという性質を持つもの。一方で還元型コエンザイムは、体内にあるときから同じ構造で存在し形が保たれています。還元型に変化してから全身に送り込まれる性質をもつ酸化型コエンザイムに比べて還元型は変化の作用がいらないため、からだが早く吸収してくれるのが特徴です。激しいスポーツをするなど、普段より多くのエネルギーを消費したときや、精神的なストレスを受けて疲れていると感じたときは、還元型コエンザイムQ10を摂るようにしましょう。酸化型を還元型に変化させて吸収するまでに、自身のエネルギーも必要とするからです。コエンザイムQ10をサプリメントで補いたいという方は、商品を選ぶ前に使われている種類を確認してみましょう。還元型コエンザイムQ10のほうが効率よく栄養を吸収できるのでおすすめです。

コエンザイムQ10のダイエット効果

脂肪燃焼を助ける

コエンザイムQ10は、ミトコンドリアの中に取り込まれた脂肪酸を燃やしてエネルギーに変えるはたらきをします。コエンザイムQ10が体内に入ると、細胞内のミトコンドリアはエネルギーをつくり出す「ATP」とよばれるアデノシン3リン酸を合成。それによりエネルギーが活発につくられて代謝がよくなり、体内の脂肪や糖が消費されます。いわばエネルギーを消費する「燃料」がつくられる状態です。細胞内のミトコンドリアの中にたくさんのコエンザイムQ10があれば、増えてしまった脂肪を燃やすことにつながり、その結果ダイエット効果が得やすくなるというわけです。ただし、コエンザイムQ10を摂取しただけで痩せるというわけではありません。脂肪を燃やすための燃料だけがあっても、それを使わなければ痩せることにはならないのです。脂肪を燃焼させ、糖を消費するように運動する必要があります。コエンザイムQ10でダイエット効果を得たい方は、摂取後に適度な運動をするのがおすすめです。コエンザイムQ10をうまく取り入れて、脂肪が蓄積しにくい身体づくりを目指しましょう。

筋肉づくりを助ける

コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産を高めるはたらきがあるので、多く摂取すると細胞が活性化します。これは脳や身体の脂肪だけでなく筋肉にも作用するもの。筋肉細胞も活性するので、筋肉をつくりたいときの手助けになります。運動によって細かい細胞が破壊されたり損傷を与えていたりするのを抑える効果があるので、コエンザイムQ10はアスリートが身体を維持するために摂取することも多いのだとか。からだの筋肉量が増えることによって代謝が高まり、痩せやすく太りにくい身体を手に入れることができます。コエンザイムQ10は、20代をピークにからだでつくられる量が減少していきます。「年を取ると代謝が悪くなって痩せにくくなる」とよく言われますが、体内でつくられるコエンザイムQ10が減少していることも原因のひとつだと言えるでしょう。適度な運動で痩せやすい身体をうまくつくるために欠かせない成分です。コエンザイムQ10を運動の前後に積極的に取り入れて、効率的に筋肉をつくりましょう。

デトックス作用でむくみ解消

コエンザイムQ10は肝臓の機能を強化してくれるため、からだが持つ本来のデトックス効果を高めてくれます。もともとコエンザイムQ10は心臓を強化するための薬として利用されていました。心臓のポンプが正常に役割を果たすことで、血流の流れがよくなり全身に酸素が行きわたるためスタミナアップや疲労回復の効果ももたらします。それに加えてリンパの流れもよくしてくれるため、むくみを解消する効果も。からだの老廃物を排出しやすくしてくれます。とくに冷え症の方やむくみやすい方、下半身の太さが気になる方におすすめ。冷えを解消することで新陳代謝が上がり、脂質や糖質などのエネルギーを消費しやすくなるため、脂肪燃焼のはたらきにも相乗効果をもたらしてくれます。デトックス効果を活用して軽めの運動や散歩を取り入れれば、さらなる効果を高めることができるでしょう。

コエンザイムQ10の副作用

コエンザイムQ10はもともと肉や魚に含まれるビタミン様物質で、日本では「健康食品」として認められている「食品」の一種。そのため副作用はなく、安全性の高い物質といえるでしょう。ただし、過剰摂取してしまうと胃腸に負担がかかったり、肝臓に負担をかけてしまったりするので注意が必要です。それにより食欲が低下したり、胃腸の調子が悪くなったりする場合もあるので一度に摂りすぎないようにしましょう。体質に合わなくて反応が起きる場合も稀にあるので、アレルギー体質の方や胃腸をこわしやすい方など健康に不安を抱えている方は一度に1回分の量を摂取することは避け、少量ずつとりいれて自分の体質に合っているか様子をみながら量を徐々に増やしていくことをおすすめします。

1日あたりの摂取量目安

コエンザイムQ10はもともと体内でつくられる物質で、普段の食事でも摂取することができる成分。1日に必要な摂取量は50~300mgと言われています。健康なからだを意識するときには50mg、美肌やアンチエイジングのためには100mg、ダイエットやスポーツ時にはおよそ300mgを摂らなくてはなりません。しかし実際の食事から摂れるコエンザイムQ10は5mgから10mgと少ないのが現代の食生活。食品だけで摂ろうとすると、牛肉1kgを摂らなくてはならない計算になるのです。コエンザイムQ10を食品だけで摂取するのは難しいでしょう。サプリメントならドラッグストアなどでも入手しやすく、手軽に補えるのでおすすめです。普段の食事のサポートとしてうまく取り入れてみてはいかがでしょうか。

コエンザイムQ10が含まれる食品

コエンザイムQ10は、さまざまな食物に含まれています。例えば肉類なら牛肉や豚肉、とくにレバーやモツなどに含まれ、イワシやサバ・鮭などの魚類、ブロッコリーやほうれん草・かぼちゃなどの緑黄色野菜、たまごやチーズ・豆腐・ゴマなどにも豊富。これほど多くの食品に含まれていながらからだの中で不足がちになる原因には「吸収率の低さ」があります。コエンザイムQ10は水に溶けにくく、腸内での吸収率が非常に低いため、仮に1日に100mgを摂取しても体内に吸収されるのはわずか5mgほど。これではいくら食生活に気をつけても十分な量を摂ることは難しいとされています。そこで一緒にとりたい食材が「油」です。コエンザイムQ10は油には溶けやすい性質を持つため、食材と油を一緒に調理することで体内への吸収率を上げることができます。油料理や油と一緒に炒めるなどして同時に摂ると良いでしょう。とくにゴマ油は、ゴマそのものにもコエンザイムQ10が含まれているので一石二鳥でおすすめです。ビタミンCやEを一緒に摂ると、コエンザイムQ10の抗酸化作用もアップするので効果が高まると言えるでしょう。最近ではビタミンと一緒に配合されたサプリメントが販売されているので、サプリでコエンザイムQ10を補う方は一緒にビタミンも含まれているサプリメントを選ぶことをおすすめします。

コエンザイムQ10を含んだサプリメントの口コミ

  • 20代女性

    私はダイエット食品や補正下着と一緒にコエンザイムQ10を用いたダイエットを行い、23kgの減量に成功しました。コエンザイムQ10は、L-カルニチンを一緒に摂ることを意識すると、より効果的です。最初はダイエットグッズだけで体重を落とそうとしていたのですが、グッズだけじゃなく、栄養や新陳代謝をあげる成分も必要だと実感しました。「20代・女性」

  • 40代女性

    ダイエットのために週4~6日は体を動かすようにしていたのですが、運動した次の日は疲労感がひどく、なんとか改善できないか悩んでいました。そんな折に知り合いからコエンザイムQ10が疲労回復に良いと勧められたので、飲んでみることに。すると、毎日感じていた疲労感が減って翌日も元気に動けるようになりました。もう手放せません。「40代・女性」

  • 年代性別不明

    毎日1時間以上の運動に加え、週に6回はスポーツジムのマシーンで有酸素運動をしていますが、ジムに行く前には必ずコエンザイムQ10やαリポ酸、L-カルニチンなどが含まれたサプリを飲んでいます。成分単体の効果は分かりませんが、汗をかく量が増え、1週間程で内臓脂肪が減少しました。「年代・性別不明」

  • 30代女性

    コエンザイムQ10を飲むと代謝が良くなると聞いたので購入。1ヶ月以上飲み続けましたが、特にダイエット効果は感じられませんでした。ただ、髪の毛がサラサラになったり寝起きがとても楽になったり、普段の疲労も減って健康的になった気がします。運動と組み合わせ、継続して飲めば体重を減らすことができそうです。「30代・女性」

  • 30代男性

    体重を減らすためにコエンザイムQ10を飲み始めたのですが、毎日していたランニング後の疲労感が無くなり、朝の目覚めがとても良くなりました。そのため、毎日楽しく運動を続けられています。他にもダイエットに良い成分がないか調べ、 L-カルニチンやαリポ酸が含まれたサプリも併用。3ヶ月で15kgの減量に成功することができました。「30代・男性」

  • 50代女性

    還元型のコエンザイムQ10を飲み始めてから寝つきや朝の目覚めが良くなったのでとても助かっています。日々の疲れだけでなく、肌にもハリが出てきました。毎日を元気よく過ごせているのは還元型コエンザイムQ10のおかげです。これからも飲み続けて還暦まで健康でいたいと思います。「50代・女性」

  • 50代男性

    定期健康診断で医者から「このままの生活を続けると生活習慣病になるぞ」と言われたのがきっかけで、かれこれ12年以上スポーツジムに通っています。ジム通いに合わせてコエンザイムQ10を飲用することで、体重を10kg減らすことに成功しました。サプリと運動を組み合わせれば、健康的に減量できるのでおすすめですよ。「50代・男性」