成分が凝縮された桑の葉エキスでダイエットに挑戦!

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » 成分が凝縮された桑の葉エキスでダイエットに挑戦!

成分が凝縮された桑の葉エキスでダイエットに挑戦!

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

桑の葉エキス

桑の葉エキス

血糖値の上昇を抑えて肥満を防止してくれる「桑の葉エキス」。桑の葉は、シルクをつくるために必要なカイコの餌として有名です。しかし、桑はそれ以外にも葉っぱから根っこ、実まで健康食品や民間薬として昔から使用されていました。中国でも古くから桑は生薬として扱われており、研究がすすむにつれてさまざまな有効成分が発見。そして、桑の葉を凝縮して成分を絞り出した桑の葉エキスが生まれたのです。健康維持やダイエットに効果がある桑の葉エキスは特に、甘いものが好きな方・カルシウムやミネラルが不足しがちな方・身体がだるく疲れやすい方・喉が異常に乾く方・むくみが気になる方・味覚障害のある方・健康的なダイエットがしたい方におすすめ。ここでは、桑の葉エキスの主な効果や副作用、桑の葉エキスを摂取してダイエットに成功した人の口コミを紹介しています。また、1日の摂取目安量や含有量の多い食材なども調べましたので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

桑の葉エキスとは?

桑と言えばヨーロッパやアジアなど広範囲に分布しているクワ科の落葉樹のことなのですが、近年はあまり日本では見かけなくなりました。

桑の葉エキスは血糖値の上昇を抑える働きがあるため、肥満改善に働きかけてくれます。そのため、糖尿病になった方の中にも血糖値を安定させるために桑の葉茶など取り入れている方がたくさんいるのです。

また、桑の葉はシルクをつくるために必要なカイコの餌としても使われています。健康食品や民間薬としても昔から使用されており、中国でも古くから生薬として重宝されてきました。

サプリメントなどにも活用されることが多い桑の葉には、カルシウム・ナトリウム・亜鉛・カリウム・鉄・カロテン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ニコチン酸・フラボノイド類・ギャバ・食物繊維など実に様々な栄養素が含まれています。桑の葉エキスは桑の葉を凝縮して成分を絞り出したもの。そのため、高い効果が期待できます。

くわばら、くわばら

雷が鳴った時に「くわばら、くわばら」と唱えると落雷を避けられるという話を聞いたことはないでしょうか?昔からある言い伝えの一つです。

これは死後に怨霊として雷神になって都を暴れまわった菅原道真が、旧所領である桑原には雷を落とさなかったということが関係しているとのこと。

他にも、雷神が桑の木に落ちたところ、けがをしてしまったことから二度と桑の木に雷が落ちることはなくなったなどのいい伝えから桑は雷と関係の深い木と言われることがあります。はるか昔の言い伝えにこう言ったことが出てくるので、昔から日本人にとって馴染み深い木だといえるでしょう。

桑の葉エキスの主な効果

桑の葉に含まれているカルシウムはキャベツの約50倍、カロテンはほうれん草の約10倍とまで言われています。豊富な栄養素が含まれているため、様々な形で私たちの健康管理に役立ってくれるでしょう。

例えば、ダイエット効果のほかにも次のような働きを持っています。

血糖値を抑える効果

こちらはダイエットにも繋がる効果なのですが、桑の葉エキスには高血糖値を抑える働きがあるため、メタボリックシンドロームの改善などにも働きかけてくれます。肥満は動脈硬化・脳卒中・心臓病謎の病気も招くので、健康管理のためにも桑の葉エキスを取り入れてみてはどうでしょうか。

また、血糖値が上がりやすい食事をするとそれを抑えるためにすい臓からインスリンが分泌されるのですが、インスリンの分泌量が増えるとすい臓が疲れてしまうのです。ですが、桑の葉エキスで血糖値の上昇を抑えられればすい臓の負担も軽くなるでしょう。

他にも利尿作用・消炎作用・精力増強作用・がん予防の効果も期待されています。

桑の葉エキスでダイエットできる理由

桑の葉エキスを取り入れることによりなぜダイエットができるのでしょうか?大きな理由は次の3つです。

豊富な食物繊維

桑の葉には食物繊維が豊富だと言われるごぼうと比べても約8倍、ケールの約10倍といった食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内環境整えるのにも役立つ成分なので、便秘に悩んでいる方も取り入れてみましょう。

食物繊維は野菜類に豊富に含まれているものですが、意識して野菜を取り入れていたとしても不足しがちです。当然ながら、コンビニ食なので済ませることが多い方は不足している可能性が高いので、桑の葉で対策を取ってみてはどうでしょうか。

他にも桑の葉に含まれているDNJ(1‐デオキシノジリマイシン)やペクチン質など、様々なものが便秘改善に役立ってくれます。

血糖値抑制効果を持った桑の葉特有の成分

桑の葉にはDNJ(1‐デオキシノジリマイシン)という特有の成分が含まれており、これは他の植物にはほんの微量しか含まれていません。この成分に食後血糖値を抑える働きがあることが明らかになりました。

食事から摂取した糖分は二糖類から単糖類に分解され、体に吸収されます。たくさん分解されればされるほど血糖値が上がるのですが、DNJはブドウ糖に非常に良く似た化学構造をしているのが特徴です。そのため、体内に入った糖分を分解する酵素がDNJとブドウ糖を間違えて結合することにより、糖分が分解・吸収される量が減り、血糖値の急上昇を抑えられます。

血糖値が高くなり過ぎると余ったブドウ糖が脂肪に繋がってしまうため、これを抑えることによってダイエット効果が期待できるのです。

脂肪分解力を高め中性脂肪を下げる

桑の葉には、脂肪分解に効果があると言われているケルセチン配糖体と呼ばれるものが含まれています。体脂肪がなかなか減らなくて困っている方や、不規則な食生活で体脂肪が増えてしまうのでは…と悩んでいる方も取り入れてみましょう。

これに加えて、糖分の消化を防ぐ働きもあるわけなので、様々な形でダイエットをサポートしてくれます。

効果的なダイエットのポイント

桑の葉エキスを活用したダイエットを成功させるためには、長い目で見たダイエットが大切です。確かにダイエットをサポートしてくれますが、飲むだけで痩せるエキスというわけではありません。

普段の食生活や生活習慣もできるだけ改善し、ダイエットに働きかけてみてはどうでしょうか。

桑の葉エキスが多く含まれているのは?

桑の葉がダイエットに効果的といっても、桑の葉を取りに行くのは大変なことですよね。それに、とってきた桑をお茶などに加工するのも面倒なことなので、サプリメントから取り入れるのがおすすめ。粉末状態のお茶屋健康ドリンク、美容ドリンク、青汁などに含まれているものもあります。

薬ではないので大きな心配はいりませんが、まずは少量から取り入れ始め、身体に合うか確認してみましょう。

桑の葉エキスの摂取目安量は一日当たり約360~480mgです。これは厚生労働省が定めたものではないため、各サプリメントメーカーによって基準が異なります。各サプリメント記載の摂取量を守って取り入れましょう。

食後血糖値の上昇をゆるやかにするためには食事の直前ではなく、10~20分毎に取り入れておくのがおすすめです。もちろん、食前に取り入れられなかった場合は途中で飲んでも良いでしょう。

桑の葉エキスの副作用&注意点

副作用の心配はほぼありません。適量を守ってさえいれば安全性は高いといえるでしょう。ただし、授乳中の女性、子どもに対する臨床研究が不十分であるため、該当する方は避けておいたほうが無難です。

また、副作用というほどではありませんが、桑の葉が小腸でブドウ糖の吸収を抑制した際に消化しきれなかったブドウ糖があると大腸の細菌によって分解され、その時にガスが発生することがあります。人によってはこれによってお腹が張るのを感じることもあるかもしれません。

桑の葉エキスダイエットが向いている人

桑の葉エキスのダイエット効果で特に注目したいのが、便秘解消効果と血糖値抑制効果です。便秘気味だったり、血糖値の急上昇に繋がる炭水化物が好きな方も取り入れてみてはどうでしょうか。

それから、夜遅い時間帯になってからコンビニや外食で食事を済ませる方にもおすすめです。日中は炭水化物を取り入れて血糖値が上がったとしても運動するチャンスがありますが、夜遅い時間に食べるとなかなか運動する時間が取れません。

帰宅時間が遅くなる方や、血糖値が上がらないメニューを考えるのが面倒な方などにもおすすめです。

複数の効果でダイエット成功に近づく

桑の葉エキスは血糖値を抑えるだけでなく、中性脂肪を下げる働きも持っているため、様々な形でダイエット成功を後押ししてくれます。サプリメントであれば取り入れやすいので、飲むタイミングを決め、忘れずに取り入れてみましょう。

ダイエットしたいけれど料理が苦手…という方もサプリメントならばただ飲むだけで効果が期待できるのでおすすめです。