太らない身体になる?グァバ葉ポリフェノールの秘密

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » 太らない身体になる?グァバ葉ポリフェノールの秘密

グァバ葉ポリフェノールでダイエット!炭水化物好きにもおすすめ

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

グァバ葉ポリフェノールのダイエット効果とは

ダイエットの大敵といえば主食類に多い炭水化物に多く含まれている糖質です。そんな糖の吸収を抑える働きを持ったグァバ葉ポリフェノールについてご紹介しましょう。体内で糖質が増えすぎてしまった場合には脂肪に繋がりやすくなるだけでなく、糖尿病を招いてしまうことも…。

ですが、糖質は主食類などに多く含まれている成分ということもあり、すべてカットするのはなかなか難しいことです。「ご飯がおいしくてうっかり食べ過ぎてしまった!」とか、「仕事から帰ってくるのが遅くなるから夕食はいつもコンビニで買ってきたカップラーメン…」。そんな生活をしていると気づかないうちにたくさんの糖質をとっているかもしれません。

近年は糖質をカットする糖質制限ダイエットも人気ですよね。健康のためにしっかり痩せたい、でもできるだけ簡単な方法を選択したい!と思っている方にもチェックして欲しい成分です。なぜ、グァバ葉ポリフェノールでダイエットが期待できるのか、どのように取り入れていけばいいのか?などについてご紹介します。

グァバ葉ポリフェノールを解析

グァバ葉ポリフェノールとは、その名の通り「グァバ」の葉に含まれている成分のことです。ポリフェノールは美容関係でも注目されている成分ですよね。ただ、グァバ葉ポリフェノールという名前がついていることからもわかる通り、グァバだけに含まれている特有のものなのです。

グァバ葉ポリフェノールが含まれるものに関しては「特定保健用食品」として公表できるのですが、これは糖質の吸収を穏やかにする効果がきちんと認められているということ。植物由来の成分で安全性も高いグァバ葉ポリフェノールについてご紹介します。

グァバは沖縄などの暖かい地域に多く生えていて、キレイな白い花を咲かせる植物です。グァバ葉ポリフェノールはその名の通り、グァバの葉に含まれているのですが、中国では古くから糖尿病のための漢方薬としても使われてきました。ただ、独特の味があって慣れるまでは時間がかかるかもしれません。

自分でグァバを育てられる?

ダイエットや病気予防サポートしてくれるなら、自分で大量に育てて取り切りたい!と思う方もいるかもしれません。日本では沖縄で見かけることができますが、もともとはハワイやオーストラリアで栽培されている熱帯果実です。

熱帯果実ということは、暑い沖縄以外では栽培できないと思われがちですが、そんなことはありません。寒さには比較的強く、結実年数も苗から2〜3年程度なので、挑戦してみるのもいいかもしれませんね。ただし、8〜10mほどの木になります。ここまで大きく育てば実も葉もかなり収穫できますが、面倒な方がやはり市販品の商品を検討するのがおすすめ。

グァバ葉ポリフェノールはダイエット以外にも次のような働きがあります。

病気予防・美容にも役立つグァバ葉ポリフェノール

高血糖・糖尿病対策

血糖値が上がる大きな原因はブドウ糖にあるのですが、グァバ葉ポリフェノールはでんぷんを分解する際にブドウ糖を発生させる消化酵素「α-アミラーゼ、マルターゼ、スクラーゼ」の働きを阻害します。

ブドウ糖が増え過ぎると糖尿病の原因にもなるので、糖尿病予防に力を入れたい方もグァバ葉ポリフェノールをチェックしてみましょう。

ブドウ糖が増え、血液中の糖の濃度が高い状態で放置してしまうと血管が傷つき、重い病気を引き起こすことがあります。心臓病や失明、腎不全など実に様々な合併症があるため、これらを防ぐためにもグァバ葉ポリフェノールは効果が期待できます。

また、他にも関節痛や皮膚の炎症を引き起こす酵素である「COX-2」の働きを抑える作用などがあり、痛みや炎症を抑制する作用も持っているのが特徴です。

アンチエイジング効果

美容のために抗酸化作用のあるものを取り入れている方も多いはず。抗酸化作用とは体が錆びる大きな原因でもある活性酸素を除去する働きのことをいいます。グァバ茶ポリフェノールにも抗酸化作用があるので、ただ痩せるだけでなく、若々しさを保ちたいと思っている方にもおすすめです。

グァバ葉ポリフェノールを活用したダイエット

美容・健康効果も魅力的ですが、ダイエットにも働きかけてくれます。若い頃に履いていたパンツが入らなくなった、できるだけ体型の目立たない服装を選ぶようになった…ということであれば、グァバ葉ポリフェノールが持っているダイエット効果に注目してみましょう。

糖の吸収を穏やかにする

私たちが普段よく口にするご飯や麺、パンなどは炭水化物です。炭水化物には糖質が多く含まれており、取り入れると体内の酵素によってエネルギーを作るためにブドウ糖に変換されます。

少量の糖質であればエネルギーに変換されて終わりなのですが、必要以上の糖質を取り入れてしまうとエネルギーに変換しても余る分があり、すると余った分が脂肪細胞に貯蔵されてしまうのです。

グァバ葉ポリフェノールは、体内に入ってきた糖質をブドウ糖に分解する役割を持った酵素の働きを制限する作用があります。これにより糖の吸収が緩やかになり、必要以上に脂肪細胞にブドウ糖が送られることもありません。

こういった働きがダイエットに繋がるのです。

グァバ葉ポリフェノールの摂取方法

漢方の場合は1日あたりの摂取目安量は9g程度されていますが、グァバ茶の場合は1日あたりだいたい200mlを目安にしましょう。ただ、どの商品を選ぶかによって含まれているグァバ葉ポリフェノールの量は異なります。

新しくグァバ葉ポリフェノールが含まれている商品を購入したら、きちんと商品に記載されている推奨量を確認しましょう。

「最近仕事に追われていてあまり運動ができていないから、その分グァバ葉ポリフェノールをたくさん取り入れて対策を取ろう!」と考える方もいるかもしれませんが、大量に取り入れたからといってその分効果が高まるわけではありません。下痢などに繋がる恐れもあるので取り過ぎには注意しましょう。

グァバ葉ポリフェノールが含まれる食材

グァバ葉ポリフェノールはグァバの葉に含まれている成分なので、グァバ葉を選択するしかありません。その方法として代表的なのがグァバ茶またはサプリメントということになるでしょう。

市販のお茶の中にもグァバ葉ポリフェノールが含まれている特定保健用食品があります。どの方法でも良いのですが、グァバ葉は独特な味がするので、ストレスなく継続したいと思っているのであれば味の気にならないサプリメントを選択するのがおすすめ。

家でグァバ茶を淹れて飲むのも良いのですが、毎回淹れるのは手間になる他、どうしても味に慣れることができず、挫折してしまった方も多いようです。

副作用や注意点は?

グァバ葉ポリフェノールを取り入れた際に腹部が張ったり、おおならが出やすくなるなどの副作用が出ることがあります。これは未消化の糖質が腸の中で発酵するためです。

糖質を取り過ぎた場合にはこういったことが起きる可能性が高くなるため、糖質の摂取量を抑えればお腹が張ることも少なくなります。

また、糖尿病の治療薬と組み合わせて使った場合、血糖値が下がり過ぎてしまう恐れも。治療薬を使わずにグァバ葉ポリフェノールを含む健康食品のみを取り入れた場合はほとんど心配いりませんが、インスリン注射などで糖尿病の治療をしている方は血糖値のコントロールが普段とは違ってくる可能性もあるのでこの点は注意しておきましょう。

グァバ葉ポリフェノールで効果的にダイエットするポイント

おすすめなのが、適度な食事制限に加え、グァバ葉ポリフェノールを摂取するということ。食中・食後にグァバ茶を一杯取り入れる程度であればムリなく続けられるのではないでしょうか。

食事中の糖の吸収を穏やかにする働きでダイエット効果が期待できることもあり、食事と組み合わせて飲むのがおすすめです。

グァバ葉ポリフェノールを活用したダイエットが向いている人

生活習慣が不規則で健康的な生活を送れていないと思っている方には特におすすめです。運動の機会が少なかったり、コンビニや外食で済ませてばかりの人は生活習慣病のリスクが高まります。

それから、生活習慣病のリスクが高まる大きな原因の一つが中性脂肪です。近年はメタボリックシンドロームも騒がれていますが、将来的に中性脂肪や不規則な生活習慣が原因で大きな病気にかからないためにも、中性脂肪の蓄積を抑えてくれるグァバ葉ポリフェノールでのダイエットを検討してみてはどうでしょうか。

糖の吸収を抑えて痩せやすい体作り

グァバ葉ポリフェノールには糖の吸収を抑える働きがあるため、グァバ葉ポリフェノールを取り入れない場合に比べて脂肪がつくのを防ぐ効果が期待できます。ただし、グァバ茶は味が独特なので、継続しやすい方法でグァバ葉ポリフェノールを取り入れたいと思っているのであれば、サプリメントを検討してみましょう。

サプリメントならば味も気にならないものばかりなので、「どうしてもグァバ茶は苦手で…」という方でも継続しやすいのが魅力です。