腸内環境改善に役立てくれるビフィズス菌、ダイエットへの働きは?

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » 腸内環境を左右する「ビフィズス菌」の秘密を徹底調査

腸内環境改善に役立てくれるビフィズス菌、ダイエットへの働きは?

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

ビフィズス菌にダイエット効果はあるの?

ビフィズス菌

ダイエットにとって強い味方になってくれるのがヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌です。腸内環境を整える働きもあるため、普段食生活にあまりこだわることができず、腸内環境が悪化しているかも…と思っている方にもおすすめ。特に、外食が続いている方や、適当にコンビニ食で済ませることが多い方は腸内環境が良好な状態とは言えないかもしれません。健康に痩せるためには体の中の状態を整えることも大切です。楽痩せダイエットにも役立ってくれるビフィズス菌。その役割や特徴についてご紹介します。また、効果的に取り入れるために注意したいポイントについてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌と言えば、ヨーグルトに含まれているもの!ということは多くの方がご存知ではないでしょうか?ただ、ビフィズス菌はどのような役割を果たすのかと言われると、何となくお腹に良さそう、健康に良さそう…とイメージはできるものの、具体的な働きはわからない方がほとんどのはず。

私たちの腸の中には善玉菌や悪玉菌といった腸内細菌と呼ばれるものが多数存在しています。その細菌の数は数百種類とまで言われており、数百兆個もの腸内細菌が存在しているのです。

ビフィズス菌とは赤ちゃんのうんちから発見された腸内細菌で、数ある腸内細菌の中でも人の腸内に最も多く存在している善玉菌のこと。およそ50菌種に分類されていて、腸内からは10種類のビフィズス菌が発見されています。私たちにとって身近な存在ではあるものの、なかなか働きに注目することは少ないかもしれません。ビフィズス菌を活用したダイエットはダイエット効率を高めることにもつながるので、ぜひ実践してみてくださいね。

ビフィズス菌の持っている働きとは?

腸内に存在している善玉菌ということもあり、腸内の状態を改善させる働きが期待できます。例えば、腸内環境が改善すればダイエット以外にも次のような変化が期待できるのです。

美肌づくりをサポート

美肌作りのためにヨーグルトを取り入れている方も多いようです。というのも、ビフィズス菌は美肌を作る際に欠かせないと言われているビタミンB群を産生する働きを持っています。それだけでなく、カルシウムやマグネシウムなど美容に役立つミネラルが吸収されやすい状態に導く働きもあるのです。

もともと人間の腸内にはたくさんのビフィズス菌が存在しているのですが、最も多く存在しているのは乳児の時。そこから年をとるにつれて徐々に減少していくので、しっかりと補わなければなりません。

免疫を調整する働き

ビフィズス菌は免疫調整作用を持っています。例えば、普段から風邪をひきやすい方や辛い花粉症に悩んでいる方も取り入れてみてはどうでしょうか。マウスを使った実験では、インフルエンザに感染したモデルマウスが乳酸菌を取り入れたところ、症状が軽減したとのこと。健康的に生活していくためにも大切な役割を果たしてくれることが期待されます。

ビフィズス菌がダイエットに役立つ理由

ビフィズス菌は健康にも働きかけてくれる嬉しい成分です。ここではビフィズス菌の持っているダイエット効果に注目してみましょう。

腸内フローラを整える

腸内には多くの菌が済んでおり、それらがグループを作ってまるでお花畑のように存在していることから、その様子は「腸内フローラ」と呼ばれます。ビフィズス菌には腸内フローラの中でも善玉菌を増やすのに役立ってくれるのです。腸内フローラが乱れ、悪玉菌が増えた場合には便秘の原因にもつながって体調を崩してしまうことがあります。便秘になると体内には老廃物が蓄積されることになるため代謝が下がり、結果的に太りやすい体になってしまうのです。ビフィズス菌で便秘改善や腸内環境の改善を目指しましょう。

実際に、痩せている方の腸内にはたくさんのビフィズス菌が存在しています。善玉菌は酢酸などの短鎖脂肪酸と呼ばれる物質を作り出す働きを持っているのですが、これらが脂肪組織に脂肪が蓄積するのを防ぐ役割を持っていることも関係しているでしょう。食生活が乱れがちで脂肪がつきやすい方などにとっては見逃せません。

整腸作用で便秘解消

お腹の調子が悪くなるとヨーグルトを食べよう!と思う方も多いのではないでしょうか。これは、腸内のビフィズス菌が糖を分解する際に作る乳酸・酢酸といったものが腸内に存在している有害菌の働きを抑える役割を持っているからです。下痢気味や便秘気味の方の方も乳酸菌を取り入れてみましょう。

効果的なダイエットのポイント

ダイエットを成功させるためには継続させることが大切。ビフィズス菌を取り入れる場合も同じで、ほんの1回取り入れたからといって大きな変化を実感することはできません。ダイエット効果だけでなく身体に良いものでもあるので、ぜひ継続して長く取り入れることを検討してみてはどうでしょうか。

積極的にビフィズス菌を取り入れるのもおすすめなのですが、もともと腸内にいる善玉菌でもあるので、これらを活発にするための工夫もしてみるのもおすすめ。例えば、オリゴ糖はビフィズス菌のえさになるので、食生活の中でもオリゴ糖を取り入れてみてはどうでしょうか。ハチミツでもいいのでぜひ試してみてくださいね。

ビフィズス菌が多く含まれているのは?

ビフィズス菌が多く含まれているとして代表的なのはヨーグルトです。毎朝、朝食にヨーグルトをプラスしてみてはどうでしょうか?商品のパッケージに「はっ酵乳」と書かれている製品は1ミリリットル当たり10,000,000個以上の乳酸菌が含まれているそうです。他にも乳酸菌飲料や納豆、漬物などにも含まれているので、こういったものを日々の食卓にプラスするのがおすすめです。

乳酸菌は胃液に弱いから意味ないってほんと?

乳酸菌を取り入れたとしても体の中に入れば胃液にやられて死滅してしまうから意味がない!と聞いたことがある方もいるかもしれません。ですが、そんなことはありません。確かに乳酸菌は胃液に弱い特徴を持っており、腸に届く前にほとんどが死んでしまうと言われています。ですが、乳酸菌は例え死滅していたとしても身体に良い働きを持っているのです。

生きて腸に到達したものは腸内で増殖することによって働いてくれますし、死滅した状態で届いたとしても血清コレステロール低下作用や血圧の効果作用、抗腫瘍性を抑える働きなどを発揮してくれます。少しでも生きた状態で乳酸菌を届けたいと思っているのであれば、胃酸などに強く、腸までしっかり届きやすいように加工された商品を選択してみましょう。

ビフィズス菌の副作用&注意点

ビフィズス菌を取り入れたとしても、もともと腸内に存在している善玉菌ということもあり大きな副作用の心配はありません。ただ、ダイエット効果を高めたり、腸内環境改善を目指したいからといって必要以上に取り入れないようにしましょう。どこからを取りすぎかと判断するかはなかなか難しいのですが、ヨーグルトは一日100グラム程度で整腸作用が期待できると言われているので、大きなものを500グラムのヨーグルトを1パック食べる必要はありません。場合によっては善玉菌が活発になりすぎてしまい、下痢になる可能性もあるので注意しておいてくださいね。

ビフィズス菌ダイエットが向いている人

食生活が乱れがちな方には特に向いています。何となく腸内環境が良くない…と実感している方も取り入れてみてはどうでしょうか。例えば、吹き出物が出やすい方やお肌の調子が良くなる方も腸内環境が悪化している可能性があるので、実践してみてくださいね。普段の食生活にプラスするだけでも腸内環境を整える働きが期待できるので、健康になりたい、痩せる力を高めたいと思っている方は取り入れてみましょう。

乱れがちな食生活を整えるのにもおすすめ

ダイエット中は食事制限を行うことにより効果を高めることができますが、ムリな食事制限は摂取できる栄養バランスを乱し、腸内環境の悪化を招いてしまう可能性があります。普段の食事の中であまり栄養バランスの整った食生活ができていないと感じている方は、腸内環境の王を整えるためにもビフィズス菌を取り入れてみてはどうでしょうか。