ダイエットに効果のあるアルギニンはサプリで摂ろう!

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » ダイエットに効果のあるアルギニンはサプリで摂ろう!

ダイエットに効果のあるアルギニンはサプリで摂ろう!

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

アルギニン

アルギニンという成分をご存知でしょうか。アルギニンは食事から摂ることができる非必須アミノ酸の一つです。


成長ホルモンの促進や筋肉の発達に必要なもので、ダイエットや疲労回復にも効果を発揮します。

このページでは、アルギニンのどのような働きがダイエットや疲労回復効果をもたらすのかをご紹介。実際にアルギニンを飲んでダイエットを行っている方の口コミも一緒に紹介しているので、ぜひご覧ください。

アルギニン

アルギニンとは

アルギニンとはアミノ酸の一種で、ヒトの成長に欠かせない成分です。1886年にルピナスというマメ科の植物の芽から発見されました。アルギニンは体内で合成される非必須アミノ酸ですが、体内で作られる分だけでは足りないため、不足分を摂取する必要があります。特に子供の場合は成長に必要な量のアルギニンを作り出せないので、食事から摂取しなければいけません。

アルギニンの効果・効能

アルギニンは体内で一酸化窒素を作り出し、血流をスムーズにする働きがあります。血流がスムーズになると、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞など血管のつまりが原因で起こる病気の予防に効果を発揮。アルギニンを静脈に注射すると血管が拡張し、血圧が低下したという実験結果もあるそうです。高脂血症状態のウサギにアルギニンを投与すると、一酸化窒素が増加したことも分かっています。

エナジードリンクに含まれるアルギニン

アルギニンはエナジードリンクにも含まれている成分ですが、実は同じエナジードリンクの名前でも日本と海外で成分が大きく異なるものがあるのをご存知ですか?海外の製品にはタウリンが含まれるものが多いのですが、日本で販売されるものにはタウリンの代わりにアルギニンが含まれているのです。その理由として日本の薬事法が関わってきます。実は海外で製造されている栄養ドリンクの中には石油から合成されている成分が含まれているのだとか。日本の薬事法では石油から合成されたものを食品に入れることを禁止しています。タウリンを含んだ栄養ドリンクは医薬部外品として扱われ、医薬部外品になると製造工場に監査が入ることもあるので面倒な手続きが多いのだそうです。そこで面倒な手続きを回避するために取られたのが、タウリンの代わりにアルギニンを含ませることでした。このドリンクの件をきっかけに、日本ではアルギニンを含んだ「エナジードリンク」というジャンルが確立。ちなみにタウリンとアルギニンはよく似た成分ですが、大きな違いがあります。タウリンには肝機能を回復させる効果がありますが、アルギニンにはありません。またアルギニンにはアンモニアの解毒・筋肉の増強・傷の回復などがありますが、タウリンにはないのです。

アルギニンのダイエット効果

脂肪燃焼効果

アルギニンには脂肪を燃焼する効果があります。しかしアルギニンを摂取するだけでは脂肪は燃焼しません。脂肪を燃焼させるには運動が必要で、なかでも有酸素運動が効果的です。アルギニンは脂肪を分解する働きがありますが、脂肪を燃焼するまでには至りません。分解された脂肪は血液に流れてしまうので、また蓄積する前に脂肪を燃焼する運動が必要なのです。ダイエットの方法としては、アルギニンを摂取して1時間後に脂肪分解が始まるタイミングで有酸素運動を行うのがベスト。ちなみに短距離走やウェイトトレーニングなど、激しい動きが多い無酸素運動は脂肪の燃焼にあまり効果がありません。

新陳代謝の活発化

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果を発揮します。成長ホルモンの分泌が促されると新陳代謝が活発になり、体の内外問わず若く保つことが可能。成長ホルモンは成人までの成長期に盛んに分泌され、主に身長を伸ばしてくれます。成長ホルモンは10代がピークで、あとはどんどん減少していくだけです。30~50代になると、10代にくらべて約半分ほどの量に減ってしまうことも。特に、閉経後の女性で肥満型の人は成長ホルモンの減少が著しくなることが分かっています。成長ホルモンは成人してからも新陳代謝を活発にするために必要で、低下したままだと体脂肪増加や筋力低下など体内のさまざまな場所に影響が出てくるでしょう。成長ホルモンを分泌させ、新陳代謝を活発にするためにもアルギニンは必要なのです。

筋力アップで脂肪燃焼

アルギニンによって成長ホルモンが分泌されると、骨の代謝が促されます。その状態で筋力トレーニングを行うと、今度はタンパク質の代謝が促進されて筋肉量が増加。筋肉は脂質の代謝を促進するので、脂肪の燃焼につながるのです。アルギニンを飲む前と飲んだ後では筋肉の発達具合が変わるという研究結果も出ています。骨は代謝が促されると同時に強度を増すので、成長期の子どもが飲むと効果的でしょう。

アルギニンの副作用

アルギニンは天然のアミノ酸で毒性もほとんどないため特に心配する副作用はありませんが、強アルカリ性の成分のため過剰摂取には注意が必要です。強アルカリ性のアルギニンを過剰に摂取してしまうと消化器官に大きな負担がかかるため、胃痛や下痢の原因になってしまいます。考えられる原因としては、ヒトの胃が酸性であること。胃酸とアルギニンで胃液が中和されてしまい、胃をはじめとした消化器官に負担がかかるのです。食事では一度にたくさんの量を摂取することはないと思いますが、サプリの場合は決められた摂取量以上を飲まないようにしましょう。もう一つ気を付けなければならないのは、子どもへの摂取方法です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す成分なので、子ども成長を促すためにアルギニンを摂取させることは間違いではありません。ですが、ぜんそくやアレルギー体質の子どもがアルギニンを摂取すると、気道で炎症を起こす気道炎症が起こって喘息の症状を悪化させてしまう恐れがあります。炎症がひどくなると、冷たい空気や気温の変化などのちょっとした刺激にも過敏になり、ぜんそくの症状が起きやすくなるのです。アルギニンのサプリは基本的に大人向けで、子どもが摂取するには量が多すぎる場合も。子どもの場合は、できるだけアルギニンを多く含む食事からの摂取をおすすめします。

1日あたりの摂取量目安

アルギニンの1日に必要な摂取量は2~4g程度といわれています。これはあくまで一般的な摂取量で、スポーツをよくする人や体力を使う仕事に就いている人などの場合は2~9gと摂取量の上限が変わってくるようです。また、「ダイエットをしたい」「筋肉を付けたい」といった目的によっても必要な摂取量は変わります。ダイエットの場合は1日2~4g、筋肉を付けたい人は4gとなっており、適度な運動やダイエットを行う場合は1日4gを目安にすると良いでしょう。

アルギニンが含まれる食品

アルギニンが含まれる食品アルギニンが多く含まれている食品は魚介類です。アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸なので、タンパク質が豊富な食品に多く含まれていると考えてよいでしょう。魚介類でアルギニンを多く含んでいるのは鰹節で、100gあたり4g含んでいます。料理では「チョイ足し食材」として手軽に使用できるので、いろんな料理に応用できますね。カツオやマグロ、エビなど生でも加熱しても食べられる食材もアルギニンが豊富。とくにカツオやマグロはアルギニンの吸収率を向上させるビタミンB6が含まれているため、吸収効率も良い食材です。

魚介類の次に多いのが同じくタンパク質が豊富な肉類。肉の種類によって異なりますが、牛・豚・鶏ともに100gたり約1.3gのアルギニンが含まれています。肉類はアルギニン以外のアミノ酸もバランスよく含まれているので、バランスの良い食品と言えるでしょう。ただし脂質とカロリーが多い食品なので、摂りすぎには注意してください。肉類でおすすめの食品は鶏むね肉。低脂質・低カロリーなうえにアルギニンも豊富です。アスリートがすすんで食事に摂りいれるのも納得ですね。 最後におすすめするのがナッツ類。なかでも、アルギニンが豊富なのがピーナッツです。ナッツ類は手軽にアルギニンが摂取できる食品なので、間食やおやつに食べるのが良いでしょう。しかしナッツ類は脂質が多く高カロリーのため、たくさん食べるのはおすすめしません。

このようにアルギニンは食事でも摂取できますが、毎日朝昼晩と決まった時間に摂らないと効果がないことが分かっています。もし時間通りに食事を摂ることが難しい場合は、サプリメントで補うのも一つの手です。

アルギニンを含んだサプリメントの口コミ

  • 50代女性

    50代に入って急激に太りやすくなってしまったので、体型を維持するためにジムで筋力トレーンングを始めました。その時にジム仲間に勧められたのがアルギニンです。アルギニンを飲んでトレーニングを始めると体が熱くなり、脂肪が燃焼されているような実感が湧きます。汗もすごく出るようになったので、体型維持のためにこれからも飲み続けたいです。(50代・女性)

  • 40代女性

    アルギニンが成長ホルモンの分泌を促進する、ということを聞いて試してみることにしました。成長ホルモンは筋肉を作る時に必要だと本で読んだからです。飲み始めてからジム通いで感じていた疲労感が軽減されているような気がします。筋トレをした日も必ず飲んでいますよ。(40代・女性)

  • 50代女性

    更年期障害の予防のために飲み始めましたが、最近はダイエットにも効いてきている気がしますね。50代に入って更年期障害が心配になっていると話していたら、友人がプレゼントしてくれました。これを飲んでいるからか、今は更年期障害の症状だと感じるものはありません。私はこの年でもご飯をたくさん食べるほうなのですが、食べすぎたと思ってもあまり太ったように感じないのも、アルギニンのおかげかもしれませんね。(50代・女性)

  • 40代女性

    炎天下の中で仕事をすることが多く、夏バテのようになってしまい疲れが取れませんでした。ある日職場の同僚が仕事前にサプリメントを飲んでいるのを発見。聞いてみたらアルギニンを飲んでいたようで、「これを飲んだら仕事であまり疲れなくなった」とのこと。話を聞いたときは半信半疑でしたが、1日分もらって飲んでみると、あきらかに疲労感が違いました。これは良いと思い、自分でも購入。それからは疲れ知らずで毎日過ごしています。ハードな仕事だからか筋肉も付きはじめ、同僚からは「引き締まったね」と言われました。(40代・女性)

  • 30代女性

    ダイエットで肌荒れや体力の衰えが出てしまったので友人に相談したところ、アルギニンという成分が入ったサプリメントを勧められました。ネットで調べてみると、「男の人向けのサプリなのかな?」と思いましたが、疲労回復や美肌にも効果があることを知り、購入を決意。試しに飲んでからハードな運動をしてみたのですが、いつもなら翌朝まで残っていた疲れがなくなっていました。これには驚きです。ダイエットを続けながら肌荒れや体力の衰えをカバーできるかもしれないと思ったので、しばらくは続けてみようと思います。(30・女性)

  • 40代女性

    バレエのレッスンを受けているのですが、レッスン後にはいつもへとへとになっていました。おまけに体型を維持するように言われる始末…。疲れがすぐ取れて、ダイエットにもなるものがないかと思い調べてみたら、アルギニンというサプリに出会いました。口コミではハードな運動をしている人でも疲れ知らずになったと書いてあったので、期待しながら飲んでみることに。試しにバレエのレッスンの前に飲んでみたら、驚くほど体が動くではないですか。いつも倒れそうなくらいに感じていたレッスン後の疲労もあまり感じませんでした。体の中で脂肪が燃えているような感覚になるので、体型維持にも繋がるかもしれません。アルギニンのおかげでバレエのレッスンを頑張れそうです。(40代・女性)

  • 10代女性

    アルギニンを飲んで運動をするようにしています。以前は運動をすると翌日に響くくらい疲れることもあったのですが、飲み始めてからは朝も元気で仕事に行けるようになりました。アルギニンを飲まない日が続くと以前と同じように疲労がたまる感じがするので、やはりアルギニンの効果のおかげでしょう。筋肉がしっかりついてきて理想の体型になりつつあるので、これからもアルギニンにお世話になります。(10代・女性)

  • 10代女性

    毎週ジムで一緒になる人がどんどんしっかりとした体つきになっていくのを見て不思議に思っていました。気になったので聞いてみると、「アルギニンを飲んでいる」とのこと。どんな成分なのか調べてみると、筋肉を作るアミノ酸の一種ということが分かりました。ダイエットにもいいと書いてあったので、なかなか落ちなかったお腹の脂肪解消に淡い期待を抱きつつ始めてみることに。すると飲み始めてすぐにバイトの疲れを感じなくなり、ジムに向かう足も軽やかになりました。アルギニンを勧めてくれた人も私の体型を見て「肉の質感が変わってきたたんじゃない?」と言ってくれたので、効果は抜群のようです。この調子だと目標としていた体型を目指しながらダイエットができそうです。(10代・女性)