アップルペクチンのダイエットパワーをフル活用する方法

ダイエットサプリde痩せる宣言  » ダイエットサプリに含まれるサプリ成分 » アップルペクチンのダイエットパワーをフル活用する方法

アップルペクチンのダイエットパワーをフル活用する方法

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

アップルペクチン

アップルペクチン

アップルペクチンという成分をご存知でしょうか?ペクチンは野菜や果実に含まれる食物繊維の一種で、リンゴから抽出された成分がアップルペクチンです。

リンゴ以外には野菜や柑橘系にもペクチンは含まれていますが、リンゴのほうが健康に良いという結果が続々と発表されています。特に注目したいのがアップルペクチンのダイエット効果。アップルペクチンは食物繊維なのでお通じに良いのはもちろんですが、効果はそれだけではないのです。

こちらのページでは、アップルペクチンのダイエット効果や一日に必要な摂取量、効率的な摂り方を紹介しています。実際にアップルペクチンを摂取してダイエットを行っている人の口コミ評判もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

アップルペクチンとは

アップルペクチンとは

アップルペクチンとは、リンゴに含まれる水溶性食物繊維のことです。ペクチンは野菜や果物に含まれている栄養素で、ガラツクロン酸という糖が複数結合した多糖類の物質。アップルペクチンはリンゴの中に含まれているペクチンのみを指しています。水を混ぜるとゲル状になるのが特徴です。ペクチンは主にリンゴや柑橘類から抽出されますが、リンゴから抽出されたアップルペクチンには、健康に対する様々な効果があることが分かってきています。

アップルペクチンの効果・効能

体内にある不要な成分を排出

体内に蓄積されている鉛やアルミニウムなどの重金属を排出する働きがあるアップルペクチン。重金属は食品や水道水から摂取してしまうことが多く、体内に入るとたんぱく質と結合して蓄積されます。蓄積された重金属は脂肪を分解する酵素の働きを妨げるので、排出する必要があるのです。アップルペクチンは重金属を体内に取り込まないように掃除をする役割があるので、デトックスにつながります。

放射性物質の除去

アップルペクチンの放射性物質セシウムを除去する力が注目されています。米国国立医学博物館のホームページに掲載されている研究結果によると、セシウム137に被爆している7~17歳の子供を対象にアップルペクチンの粉末を1日2回、16日間摂取させたところ、体内のセシウム137の量が減少したとのことです。

アップルペクチンの雑学

ペクチンは「硬い」が由来

アップルペクチンの「ペクチン」は食物繊維の一種で、語源はギリシャ語の「pektos(硬い)」からきています。1825年にフランス人のアンリ・ブラコノーによって名付けられました。ペクチンは乾燥したりんごや柑橘類の皮から抽出し、生産。粘度が高いので食品の増粘安定剤に使われることがほとんどですが、最近では栄養補助食品としての使用も広がっています。

ことわざでわかるリンゴのパワー

リンゴは昔から医療に重宝されており、リンゴにまつわることわざもいくつか残されています。イギリスでは「一日に一個のリンゴは医者を遠ざける」のだとか。「一日一個のリンゴで医者いらず、寝る前のリンゴで医者がやせ細り」ということわざもあり、昔はリンゴがどれだけ万病に効く食べ物だったのかがうかがえますね。スペインでも「毎日のリンゴ一個は医者の費用を節約できる」ということわざがあります。ちなみにリンゴのことわざが多く生まれているのはリンゴの発祥地か産地であることが多く、明治時代にリンゴが入ってきた日本にはリンゴに関することわざがないそうです。

アップルペクチンだけじゃない!リンゴの健康・美肌パワー

リンゴにはペクチンのほかにも健康に良い効果がたくさんあります。まず挙げられるのがリンゴに含まれているポリフェノールの抗酸化作用。ヒトが年齢を重ねるにつれて増えていくシミやシワの増加を防ぐだけでなく、シミやシワのない肌に戻す効果があるのです。ほかにも新陳代謝を活発にするクエン酸や体のむくみをとるのに役立つカリウムが多く含まれており、これらの作用はアップルペクチンと組み合わさることでよりダイエット効果に期待ができる成分でもあります。リンゴ一つでこれだけの効果があるのですから、摂らない手はないですね。

熟したリンゴの見分け方

熟したリンゴにはアップルペクチンが豊富に含まれています。スーパーで購入する際には熟しているリンゴを選ぶようにしましょう。熟したリンゴを見分けるコツは、表面がワックスをかけたようにテカテカして見えるかどうか。これはリンゴに含まれるロウ物質が完熟するにつれて溶け出し、テカテカした質感を生み出しているからです。実際にスーパーで選ぶ際の参考にしてみてください。

アップルペクチンのダイエット効果

腸内環境を改善して新陳代謝アップ

アップルペクチンには便秘を解消する効果があります。膨らみやすいペクチンの作用により、腸内で膨張しながら内容物を吸着。内容物が外に押し出されるため、腸内がきれいになるのです。すると新陳代謝が活発になり、脂肪を燃焼しやすい体に変化していきます。

豊富な食物繊維で食べ過ぎを抑制

アップルペクチンは食物繊維が豊富で、摂取すると満腹中枢を刺激。すると食べ過ぎや間食を抑えられるので、無理なく食事制限をしてダイエットできるようになります。

血糖値の上昇を緩やかにする

食事でアップルペクチンを摂取すると、血糖値の上昇が緩やかになります。脂肪を蓄える働きがあるインスリンの分泌量を抑制されたら、今度は体に残っている脂肪でエネルギーを燃焼し始めるため、ダイエットにつながるのです。

アップルペクチンの副作用

アップルペクチンは適度な量であれば摂取しても問題はありません。しかし、セシウムや重金属を排出する役割を持つため、大量に摂取してしまうとビタミンやミネラルも排出してしまう可能性があります。気になる人は、ビタミンやミネラルを同時に摂取すると良いでしょう。

水溶性の食物繊維であるアップルペクチンは、不溶性食物繊維と同時に摂取すると下痢になる恐れがあります。不溶性食物繊維が豊富に含まれているのはイモ類・豆類・きのこ類です。これらとはなるべく合わせて食べないようにしてください。

アップルペクチンの1日あたりの摂取量目安

アップルペクチンの目安量は2gといわれています。リンゴ1個に入っているアップルペクチンは0.6~1.8gなので、1日1~2個食べると必要な分を摂取できるでしょう。アップルペクチンを多く含んだ品種であれば一度に食べる個数も少なくて済みますね。1番多くアップルペクチンを摂取できるリンゴの品種は王林・レッドゴールド・ふじ。逆にアップルペクチンが少ないのは紅玉・スターキング・ジョナゴールドです。アップルペクチンが豊富に含まれるほうの品種は甘味が強いので、甘味とアップルペクチンが関係しているのかもしれません。

アップルペクチンの効率的な摂り方

アップルペクチンの含有量は、リンゴがどれほど熟しているかで変化します。アップルペクチンを豊富に含んでいるのは、青すぎず熟しすぎていないリンゴです。青すぎるとプロトペクチン、熟しすぎるとアップルペクチンがペクチン酸に変化。どちらの状態もアップルペクチンの効果を得るには難しい状態の成分です。アップルペクチンをリンゴから摂取する場合は、適度に熟したリンゴを選ぶようにしてください。

おすすめのリンゴの食べ方は皮がついた状態で加熱して食べることです。食物繊維は皮に多く含まれているため、皮ごと食べないとアップルペクチンを多く摂取することができません。加熱するのはプロトペクチンをアップルペクチンに変えるためです。青すぎるリンゴに多く含まれるプロトペクチンは、熟したリンゴの皮と実の間にもまだ含まれているので、加熱してアップルペクチンに変化させます。焼きリンゴを作るのも良いですが、加熱するだけでも大丈夫。600Wの電子レンジで2分程度温めて食べると、焼きリンゴと同じくらいのアップルペクチンの量を摂取できます。同じ焼きリンゴを使ったアップルパイも良いでしょう。

摂取する時間は栄養素の吸収率が高くなる朝に摂ってください。朝は新陳代謝が高くなるうえに、食物繊維で腸のぜん動運動も活発になるので、お通じも良くなりますよ。

以前リンゴダイエットが流行しましたが、やってみた人の中には「毎日リンゴを食べるのが難しい」「栄養が偏ってしまってやめてしまった」という人も多かったでしょう。アップルペクチンはリンゴを1日1~2個食べるだけで1日の摂取量を摂ることができますが、毎日食べるのが難しいという人は、アップルペクチンのサプリメントを摂取するのがおすすめです。

アップルペクチンを含んだサプリメントの口コミ

  • 20代女性

    1週間に1度しかお通じがなかったので、改善のためのサプリを探していました。アップルペクチンに決めたのは友人が勧めてくれたからです。まだ飲み始めて1週間ほどしか経っていませんが、すでに毎日お通じがきています。それに関係しているのかはわかりませんが、お腹周りが少しやせたような気が…。ダイエット効果もあると聞いていたので、もしかしたら体重も減っているのかもしれません。お通じ以外の思わぬ効果にびっくりしています。(20代・女性)

  • 20代女性

    アップルペクチンを毎朝飲んでいます。はじめは便秘と肌荒れ解消のために飲んでいましたが、飲み始めてからはなぜか体重に変化が。アップルペクチンがダイエットにも効果があるなんて知りませんでした。お通じを良くしようとヨーグルトを食べたり乳酸菌サプリを飲んだりしても効果のなかったポッコリお腹が減るなんてウソのようです。(年代・性別不明)

  • 40代女性

    ダイエットをしたいと思っていたのですが、普段外食が多いうえに時間が不規則な仕事で自炊ができないので、サプリでダイエットをしようと思いました。痩せたという口コミが多かったのでアップルペクチンにしたのですが、まだ体重の大きな変化はありません。3日に1度くらいしか来なかったお通じは毎日来るようになりました。「お通じが良くなったら体型に変化が出てきた」という口コミも見かけたので、この調子でダイエットに結びつけばと願いながら飲んでいます。(40代・女性)

  • 30代女性

    毎日ジャンクフードで済ませる生活がたたったのか、お腹周りがポッコリとし始め、肌も荒れ気味に…。「体が健康に良いものを欲しているのかもしれない」と思い、心を入れ替えてダイエットを始めました。アップルペクチンはデトックスに良いと聞いたので、運動をしながら飲んでいます。最初はお通じが良くなり、次に汗が良く出るように。調べてみるとアップルペクチンはお通じを良くして新陳代謝を活発にするのだとか。そのおかげか、気になっていたお腹のポッコリがどんどん減り、きついと感じていたジーンズがスムーズに履けるようになりました。この調子でペッタンコのお腹を目指します!(30代・女性)

  • 50代女性

    リンゴダイエットに挑戦したときに効果を感じていたのですが、毎日食べるのが難しくなってやめました。それ以来リンゴダイエットと同じくらいの効果があるダイエット方法を探してもなかなか見つからず、いろいろなダイエットをしては挫折の繰り返し。「もうやめようか…」と思ったときに見つけたのがアップルペクチンでした。まだ飲み始めたばかりなのでちゃんとした効果は実感していませんが、リンゴダイエットの時と同じような効果が得られるかもしれないと分かったので、頑張って飲み続けます。(40代・男性)

  • 50代女性

    コレステロールを排出するためにアップルペクチンを飲んでいます。はじめは運動をすればするほど体重が落ちたのですが、年齢を重ねるにつれて代謝が落ちてきたのが目に見えてきたので、サプリメントで補給をするために飲み始めました。食後に一粒飲むと、すぐにお腹が膨れる感じがします。お通じが良くなっているのかもしれません。ダイエットの効果につながるそうなので、デトックス気分で続けようと思います。(年代・性別不明)

  • 50代女性

    はじめはデトックス効果に惹かれてアップルペクチンを飲み始めました。飲み始めて3日ほどになりますが、もうお通じに効果が出ています。お腹がスッキリしはじめたからか、なんだか体も軽い!脂肪を燃焼する効果にもつながるそうなので、運動をしてデトックスとダイエットを両方頑張ってみようかな、と考え中です。(50代・女性)

  • 50代女性

    お通じが悪く肌荒れも出てきたので、スッキリできるサプリメントを探していました。いろいろなサプリを試した中ですぐに効果が実感できたのがアップルペクチンです。飲むとお通じが良くなり、肌の調子も徐々に良くなってきました。お通じが良くなったからか、お腹周りだけでなく足や手のむくみも取れてきたように感じています。ダイエットにもいいというのも納得ですね。(年代・性別不明)