O型の特徴から見るダイエット方法や向いている食材

ダイエットサプリde痩せる宣言  » 血液型別ダイエット法を解説 » O型の特徴から見るダイエット方法や向いている食材

O型の特徴から見るダイエット方法や向いている食材

ダイエットサプリde絶対痩せる宣言

楽ちんダイエットサプリが見つかるサイト

O型の特徴から見るダイエット方法や向いている食材

O型O型は寛容・誠実という特徴があると言われている一方、負けず嫌い・諦めが悪いという弱点も。

熱意を持ってダイエットに取り組んでも、適していないダイエット方法であれば結果は出ないものですし、実際にそんな経験をした方もいらっしゃると思います。

そこで今回はO型の体質に合っている炭水化物抜きダイエット等、おすすめのダイエット方法、さらにはダイエットで取り入れたい好相性の食材もご紹介します。

O型の特性を最大限に活かし、効率よくダイエットを行いましょう!

O型のルーツは狩猟民族

まずはO型のルーツや性格の特徴についてご紹介していきます。

動物性たんぱく質と相性が良いO型

O型は4つの血液型の中で最も歴史が長く、かつては狩猟生活を送っていたと考えられています。そのため主食は肉であり、O型は動物性タンパク質をエネルギーにしやすく、反対に乳製品や穀物の消化が苦手といわれているのです。

自然療法学の医師で、「ダダモ博士の血液型健康ダイエット」という書籍も出版している血液型別ダイエットの提唱者ピーター・J・ダダモ博士によると、食べ物には「レクチン」と呼ばれるタンパク質が含まれており、このレクチンがわたしたちの体にどうのように作用するのかは血液型によって違うといいます。

つまり、体にあうレクチンを摂取すればダイエットに効果がありますが、反対に体に合わないレクチンを摂取すると痩せにくくなってしまうのです。

残念ながら科学的根拠がないことが指摘されてもいますが、今後ますます研究が進むことが期待されています。読んでみるだけでもダイエットの参考になりますよ。

実は負けず嫌いでストイックなO型

O型の性格といえばおおらかで誰とでも仲良くできる、という特徴を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

一方で、負けず嫌いで打たれ強いとも言われているため、意外とダイエットに成功しやすいO型。一度やると決めたらとことんストイックに自分を追い込むことができるので、ダイエットを続けられるか否かは気持ちの面が大きいかもしれませんね。[注1]

しかし追い込みすぎて間違ったダイエットを実践してしまうと体を崩してしまうので、ほどほどにやる、という意識も持つようにするとより長く続けることができますよ。

O型の特徴から見るおすすめダイエット方法

ここまでご紹介したO型の特徴やルーツを踏まえ、おすすめのダイエット方法を見ていきましょう。

炭水化物抜きダイエット

炭水化物O型は穀物の消化が苦手な傾向にあるそうです。そのため、米、麦などは代謝を下げて痩せにくくしてしまう可能性も…。したがって、白米やパン、パスタ、クッキーなどの焼き菓子は控えるようにしましょう。

一方で、お肉をたくさん食べるダイエットには向いているので、満足感を味わいつつもダイエットを進めることができるでしょう。

糖質制限ダイエット

食品に含まれる糖質を計算して、目安量を出ない範囲なら何を食べてもいいという糖質制限ダイエット。

炭水化物抜きダイエットは有名ですが、糖質制限はより詳しく食材をチェックする必要があります。また、糖質制限ダイエットはやめたらすぐにリバウンドしてしまう傾向が強いため、いきなりハードに制限するのではなくまずはいつもより少し控える、といったレベルから始めてみましょう。糖質の高い食材を見分けられるようになってきたら、自然と食生活も変えられるでしょう。

正確な計算や情報収集が大切となりますので、几帳面なA型や粘り強いO型にはこんな糖質制限ダイエットはおすすめです。

有酸素運動

かつては狩猟をして生活していたO型。そのため、激しい有酸素運動では効率的にエネルギーを消費することができます。ジョギング、水泳、ボクシングなど、かなり息の上がるくらいの有酸素運動を始めてみましょう。

「運動はしたくない」と思っている方も多いかと思いますが、有酸素運動はエネルギー消費に役立つだけでなくストレス発散にもつながります。一度挑戦してみると意外な発見があるかもしれませんよ!

リンパマッサージ

激しい運動がおすすめのO型ですが、いきなり運動を始めると体にはかなりの衝撃がかかり、翌日体がダルくて運動を続けられないということも…。

それでは意味がありませんので、運動後はリンパマッサージを行いましょう。疲れを取りつつむくみもなくしてスッキリとした体を手に入れることができます。特に足の太さが気になるという方はふくらはぎのマッサージを念入りに。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われており、血液を上手に循環させてあげることが大切です。

まずは足の裏の疲れを取り、足首、ふくらはぎと下から上に向かってマッサージをしていくことで老廃物を排出しやすい体作りができます。

お風呂上がりなど体が暖まっているときに毎日続けてみてくださいね。

O型のダイエットのおすすめの食材・不向きな食材

ここからはO型がダイエットをするときにおすすめしたい食材、避けたほうが良い食材をご紹介いたします。

肉や魚はO型と好相性!

狩猟をして生活していたO型。肉を多く食べていました。そのため、肉との相性はバッチリ。とくに脂身の少ない赤みの肉、羊肉とは非常に相性が良いので、積極的に取り入れましょう。

同じく魚もおすすめで、魚ならタラ、ブリといったオメガ3脂肪酸が豊富な魚を選ぶようにしましょう。

豆・ナッツもおすすめ

くるみやアーモンドなどのナッツや豆もO型のダイエットにはおすすめです。良質なタンパク質を手軽に摂取することができるので、料理に入れてアレンジしたり、おやつ変わりにナッツを選ぶようにするといいでしょう。

くるみにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、美容面のサポートもバッチリです。しかしカロリーは高めなので、食べ過ぎには注意してくださいね!

野菜はアルカリ性のものを

O型の体は酸性に傾きやすい傾向があると言われています。そのため、アルカリ性の野菜も取り入れて体のバランスを保つようにしましょう。

特にブロッコリー、ほうれん草はおすすめです。体を冷やさず、代謝を高めてくれる働きもあるのでダイエットの強い味方となることでしょう。

他にはさつまいも、かぼちゃ、おくら、海藻類などもおすすめです。

果物でビタミンや食物繊維を摂取

穀物が苦手なO型。すべて避けた食生活をしているとビタミン、食物繊維が不足してしまいますので、果物から補うようにしましょう。

とくにパイナップル、いちじく、プルーンはおすすめ。食物繊維が豊富で、便秘解消にも役立ちます。

O型のダイエットに不向きな食材

O型は肉や魚がダイエットにはおすすめと紹介しましたが、豚肉や加工肉は控えたほうがいいでしょう。さらに、牛肉は得意ですが乳製品の消化は苦手な傾向もあります。牛乳、チーズ、ヨーグルトなどは控えめに。

果物の中ではイチゴ、オレンジ、ミカンなどは酸性ですので、元から酸性に傾きやすいO型には不向きです。

また、アルコールは全般的に控えましょう。コーヒーも体を冷やし、痩せにくく、むくみやすい体にしてしまう可能性があります。例外的に赤ワインとの相性はいいのでお酒を飲む機会があるのなら赤ワインをチョイスするといいでしょう。

まとめ

O型の性質などからおすすめのダイエット方法、ダイエット食材をご紹介しました。

O型は肉をたくさん食べてもいいダイエット方法が得意なので、そこまで辛い思いをしなくてもスムーズにダイエットすることができます。たまには有酸素運動でしっかり体を動かすことも忘れずに!